できることから、はじめたい

eminakae.exblog.jp
ブログトップ

野呂さん勉強会への追記情報

チェルノブイリへのかけはし代表の野呂美加さんからメールをいただきました。
先日アップした「今、子どもたちを守るために知っておきたい放射能のこと」の覚書に付け加えるべき情報として、コメントをいただきました。

キエフに留学していたとくださんのお住まいだったお部屋の測定結果が0.16マイクロシーベルト毎時だったことに対して

以下2点
「0.16マイクロシーベルトで白血病になる人もいる。でも、キエフの人が全員(白血病に)なるわけじゃない。(白血病に)なった人が証明できずに泣き寝入りするしかない(状況がある)」→放射能の被害で病気を証明するのは難しい現実があるという現状を説明されています。

「関東でも汚染が高いところが多く、みなさん白血病になると思い込んで、絶望されてしまってほしくない」
→野呂さんは最後まで、「放射能は体から排出することができる、それには綺麗な空気と水が必要。そして、ストレスに負けない心、明るさ母の強さ」とメッセージを発信しておられます。
※既に覚書には修正が入れられています。

会を主催した自然育児の会 豊島さんがyoutubeに内容を公開しています。

[PR]
by emi_nakae | 2011-05-28 07:02