できることから、はじめたい

eminakae.exblog.jp
ブログトップ

携帯対応 イラスト付き「放射能を少なくする下ごしらえ」

ケータイを利用して見て下さる方から、携帯でも見られるようにして欲しいとご要望を頂きました。
テキストとイラストを分けました。(内容は同じです。)

追記:転載くださる方が多く、とても嬉しく思っております。感謝申し上げます。
その際にお願いがあるのですが、「お子さんへの配慮」を付け加えてください。
上にあるように、暫定基準値が高い場合、お子さんの基準値も上げられています。私にはそのことによる被ばくがどういうものなのか、未だわかりません。ですから「ベクレル表示が明確になるまでのあいだ」、こどもへの調理はしないという選択肢もあることをお伝えしたいと思います。よろしくお願いいたします。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
緊急時
放射能を少なくする下ごしらえ
放射能により被ばくする90%の原因は毎日口にする食事からといわれています。

放射能による汚染について長年研究をしてきたベルラド研究所が発行したパンフレット「自分と子どもを放射能から守るには」に紹介されている簡単な方法をご紹介します。

乳製品乳脂肪分が多い乳製品(生クリーム、バター、チーズなど)は牛乳にくらべて、含まれている放射性物質は比較的少ないといわれています。
一方、乳清(ホエー)には多くの放射性物質が含まれています。
a0207462_0301563.gif


食品に含まれる乳脂肪分の割合が高いものの方が汚染の度合いが少なくなります。
a0207462_0335353.gif

ヨーグルトをしばらく置いておくと上のほうに出てくる液体がホエーです。
a0207462_0334458.gif


肉・魚
調理する前に下ごしらえでで放射性物質を減らしましょう。
1. お肉をぶつぎりにします。
2. 塩水に酢をくわえた水を作ります。2%の食塩水。
3. 10~12時間、つけておきます。
a0207462_0421275.gif



肉・魚をゆでる場合
最初に8~10分煮沸させた後、ゆで汁を捨ててください。
魚のアラやワタは取り除いてください。
a0207462_102641.gif

最初のゆで汁は必ず捨てましょう。

野菜
蒸したり、煮る場合は必ず皮をむきましょう。
皮をむくだけで、セシウム137が20~50%減ります。
★ 野菜の表面がでこぼこしているジャガイモなどは、くぼみの部分をきちんと取り除きましょう。
a0207462_131416.gif


a0207462_135260.gif
使う前に流水でよく洗いましょう。
a0207462_1241367.gif

皮をむき、さらに水洗いするといいでしょう。

★ お湯で洗ったほうがいいようです。

果物
果物もよく洗いましょう。皮ごと食べる果物でも、皮をむいて食べるといいでしょう。
くぼんだ部分、裂け目の部分を取り除くようにしましょう。
a0207462_11119100.gif


レポート
ゴメリ州スベトラゴルスク区にある村のベニタケ科のきのこは、
1キロあたり280ベクレルの放射能が検出されましたが、
水を替えながら、20時間3%の食塩水につけておいたところ、1キロあたり28ベクレルまで減りました。
a0207462_1141616.gif


情報提供:
ベラルーシ ・ベルラド研究所発行
パンフレット『自分と子どもを放射能から守るには』
翻訳:辰巳雅子
(ウェブサイトブログ「ベラルーシの部屋ブログ」運営)
http://blog.goo.ne.jp/nbjc/
この内容は翻訳者の辰巳雅子さんのご協力で作成されています。

a0207462_1322368.gif

ひとこと

毎日刻々と汚染が広がる不安の中で、私は「ベラルーシの部屋ブログ」と出会いました。
ブログには、放射能汚染から身を守る情報がたくさん載っていました。
運営者の辰巳さんは日本人向けに書かれたものではないと承知の上で、パンフレット「自分と子どもを放射能から守るには」をはじめとする書籍を翻訳し、大急ぎで公開されていました。

私は「これは必要な情報だ」と思いました。
日本と風土気候、食品の流通スタイルが違いますが、現在、事故が進行中で身を守らなければならないのに対処する方法を書いた書籍、リーフレットがない状況ですので、辰巳さんのご許可を得て、原本の著作権の許される範囲でイラストを付けて公開することにしました。

著作権の問題でご紹介できていない詳しい知恵(※1)や食育、土壌への対処方法、事故の中での考え方などは、辰巳さんのブログ「ベラルーシの部屋ブログ」に詳しく載っています。是非ご一読ください。http://blog.goo.ne.jp/nbjc
こどもをもつ親御さんへ
私は5歳の一児の母親です。子を持つ親として、食材はとてもとても気になります。内部被ばくを恐れています。
体の内部への被ばくは、空気やホコリ、食物からおこります。
パンフレット「自分と子どもを放射能から守るには」にも、書かれているとおり「被ばく90%は毎日の食事から」と言われています。
体はセシウムやストロンチウムを知りません。
ですから元素内容の似ているカリウムとカルシウム(栄養素)と間違えて体に取り入れてしまうそうです。セシウムは筋肉(心臓)に溜まりやすく、ストロンチウムは骨に溜まりやすいと言われています。

現在も進行形の事故、国は食物の安全基準をゆるめました。
水道水の基準値(3/17以前→3/17以降)
ヨウ素131 10ベクレル/1リットル→300ベクレル / 1リットル
セシウム137 10ベクレル/1リットル→200ベクレル/1リットル
乳幼児の場合 100ベクレル/1リットル
比較対象として
WHO=1、ドイツ=0.5、アメリカ=0.11(ベクレル/1リットル)

お野菜、果物、お肉、お魚に対しても基準値が緩められています。(※2)

さいごに
出荷された食材の安全性はわかりません。
一人一人が自分で考えて、行動をしなくてはならないと思います。
「代謝を上げる、体の中を強くしておくこと」もとっても大事なことだそうです。
体に有害な油菓子、砂糖のとりすぎなどもみなおしましょう。

(※1)チェルノブイリの事故後、汚染地帯で暮らしを見てこられた人たちが日常生活から導き出された知恵です。机上の論理ではありません、ご活動あっての知恵です、私はこの知恵は大大切なことだと思っています。
(※2)「放射能について正しく学ぼう」さんのページが大変わかりやすいです。
参考にしてください。http://kingo999.web.fc2.com/kizyun.html
イラスト・文責 emibatake
http://eminakae.exblog.jp/
[PR]
by emi_nakae | 2011-06-03 00:43 | 放射能から身を守る(食事編)