できることから、はじめたい

eminakae.exblog.jp
ブログトップ

日本放射線安全管理学会の資料(中間報告)を読んで思うこと。

先日、放射能で汚染された野菜の除去について書かれている資料のリンクを掲載しました。
こちら→食品の汚染を減らす方法のリンクを集めました。

日本放射線安全管理学会の資料には、汚染されたほうれん草の除去についての中間報告がありました。
(4/22までの実験結果)
30頁の資料です。開示されていますので皆さんが一読されることをおすすめします。
放射性ヨウ素等対策に関する研究成果報告 (野菜対策)(2011年5月18日発表)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

イラスト付き「放射能を少なくする下ごしらえ」にも書いたことです、繰り返しになりますが、
「子育て中のみなさん、ベクレルがカロリー表示のように表明されるまで、(汚染野菜の)こどもへの調理はしないと声を上げていきましょう。」は変わりません。

そして、
「こども(高校生も含みます)、妊娠されている方、授乳中の方は汚染の可能性のある野菜(特に葉物)は注意しましょう。」を加えます。
上の中間報告を読んで、葉物はくぼみが多いので除去が難しいとわかりました。

私は専門家ではありません。
webや雑誌でいろいろ読んでもよくわかりません。
だから、私は汚染の可能性のある野菜をこどもにはなるべく食べさせない選択をしています。
私も共に勉強中です。
こどもへの影響はまだ不勉強でよくわからないので、汚染の値が明記されるまで、自分なりに理解できるまでは、少しの間調理は待っていたい、と思いました。

食品の実効線量が計算できるページ。→http://testpage.jp/m/tool/bq_sv.php?guid=ON

放射線物質を体から排出すると言われている食べ物があります。
先の野呂美加さんの勉強会で教えていただいた酵素などもそうです。
また、こちらで書いた玄米、お味噌汁などもそうです。
そして、ニコニコしていること、代謝を良くすることが重要だそうです。

体に負担をかけるジャンクフードや甘い砂糖菓子、化学調味料といった添加物は控えて、健康な食卓を作りましょう。
[PR]
by emi_nakae | 2011-06-05 09:47 | 放射能から身を守る(食事編)