できることから、はじめたい

eminakae.exblog.jp
ブログトップ

すぐできる。こどもたちが生活の中で被ばくを少なくする方法を教えていただきました。

先日、都内で行われたイベントで、イラクでボランティア活動をされている方のお話がありました。

彼女は、311以降、福島で泥だしとガレキ撤去のボランティアに行かれていました。

イラクへボランティアに入る前の覚悟のお話は、
同じ女性として、かなりずんと心に入り、今も片時もその覚悟が胸に渦巻いています。(ここには書きません)
正直で真っ当で。
行動している人は立派だと思います。

ご存知のように、イラクではイラク戦争で使われた劣化ウラン弾という兵器のために、今も多くのこどもたちが被ばくの恐怖に晒されています。

被ばくの危険が日常にある中での生活、そこでどういう態度が推奨されるのか、被ばくを防ぐ生活の方法があるのか、私はその場で「教えてください」と気持ちを伝えました。

彼女はその場で教えてくださいました。

以下、こどもを守る親御さんへのヒント


 ・ 外で遊んだあとは水道のお水で手も足を洗う。
  (お水のない時はぬれタオルか、ウエットティッシュ)
 ・ 手は露出しているところ全部、腕も洗う。
 ・ 顔も洗う。目にホコリを入れないように。
 ・ 休み時間や体育で外で活動したあとはうがいもする。
 ・ ケガは手当(露出させない)する。


彼女は無責任なことは言えないから、詳しい方にも相談してみますと、約束をしてくださいました。
そして・・・→「iraqhope.exblog.jp」にその具体的な方法を掲載されています。
題して、
考えました!内部被ばく防護策 for キッズ、ガールズ&ボーイズ
↑ 七色に輝かせたいな、すごくパワフルなんですよ~わたしのドンくささと違って!

注意:リンク先の対策は、比較的放射線の値が高い地域を想定しています。すべての地域で当てはまることではありません。
[PR]
by emi_nakae | 2011-06-14 15:55