できることから、はじめたい

eminakae.exblog.jp
ブログトップ

書籍「自分と子どもを放射能から守るには」発売

書籍「自分と子どもを放射能から守るには」が発売されました。
a0207462_5183355.jpg


この本は「ベラルーシの部屋ブログ」で掲載されてきた内容を書籍として編集し、
今中哲二先生(京都大学原子炉実験所)が監修されています。

事故当初、
放射能からどうすれば逃れられるか、
食材にも険がある・・・それは内部被ばくという、
放射能は水で流される、
放射能は花粉のように飛んでいる、
などなど、
私があまりにも無知であった情報を刻々と伝えてくださったのが「ベラルーシの部屋ブログ」です。

ブログ内で
放射能から日本に住んでいる人の身を守るために、ベラルド研究所が国民用に無料で配布しているリーフレットを訳してくださり、次々と発表してくださいました。
私たちは、それによって多くの情報を知るきっかけを貰いました。

ベラルーシの部屋ブログの管理者であり、書籍「自分と子どもを放射能から守るには」の翻訳者である辰巳雅子さんに、感謝してやみません。

その後、私はこのブログで
イラスト付「放射能を少なくする下ごしらえ」
イラスト付「放射能を少なくする食生活」
作成に取り組みました。

お忙しい中、時差がある中何度も何度もメールをやり取りしてご監修いただきました。
改めてここに感謝申し上げます。

書籍「自分と子どもを放射能から守るには」のご購入は
アマゾン等でできます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
内容
チェルノブイリ事故から25年。
時を経てわかった放射能の中を生きるすべとは。
ちゃんと知って、ちゃんと食べて、賢く生き抜く12Files

第1章 知って守る

File1チェルノブイリ原発事故のこと 
File2放射能とは? 
File3放射能はどのようにして体に入る?
File4放射能が体に与える影響 
File5食品の放射能測定と暫定基準値 
File6体内放射能を測る

  第2章 食べて守る

File7キッチンでできる食品放射能の減らし方 <野菜・くだもの、きのこ、乳製品、肉類、魚介類>
File8放射能から体を守る食生活 
File9ペクチン剤とは?

  第3章 この地で生きる

File10汚染地域で畑や家庭菜園をするには 
File11汚染地域で生きるためにするべきこと 
File12いっしょなら簡単に!


私も早速、注文しました。
[PR]
by emi_nakae | 2011-09-17 05:30 | 放射能から身を守る(食事編)