できることから、はじめたい

eminakae.exblog.jp
ブログトップ

NHK「ヨウ素剤はなぜ配られなかったか」、これからを考えます。

安定ヨウ素剤はなぜ配られなかったのか?

NHKのニュースで検証の報告がありました。
以下のリンクから、番組を見ました。
http://cgi2.nhk.or.jp/nw9/pickup/index.cgi?date=110922_1
ダイジェストですが、書き出します。

(以下)
いわき市のあるご家族、
安定ヨウ素剤が配られていたにもかかわらず、
服用の指示がなかったために、ヨウ素剤は服用されなかった。
『市の指示があるまでは、いっさい服用しないでください』と指示があった。」
 ↓
20キロ圏内の住民に活用されなかった。

住民に配布する準備をしていた福島県の大熊町は、
『国からの指示なく配布出来なかった。』
 ↓
4000人のヨウ素剤は段ボールに入ったまま対応出来ず。

最も放射性物質が空気中に放出された3月12日〜15日、
国は「服用」の指示を出さなかったが、国に服用を勧める助言はあった

国から原子力の安全を監視する役割を任されている被ばく医療医・鈴木元氏(国際医療福祉大)
『基準値を超えたら、(ヨウ素剤を)飲むべきだと助言した。』

基準値は13日に超えていた。
国は16日になって、安定ヨウ素剤を投与する様に指示。
 ↓
大量に放射性物質が放出された後。避難した後。
情報伝達の不備。

なぜ、情報が伝達されなかったか?
→原子力安全委員会・原子力防災課のコメント
『自然災害も同時に起き、次々に連絡しなければならない事象がある、一方で回線がなかなかつながらない・・・私達の方から連絡が不十分であったなら、それは申し訳なく思っております』

→鈴木元氏(国際医療福祉大)も実際の服用があったか、確認しなかった。
鈴木氏『私達はシビアアクシデントが起こるということを、切羽詰まって考えていなかった。
私達が考えてきたシステムに不備があったと思う』

(以上)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちがう話になりますが、先日の台風災害でも「情報伝達の不備」は叫ばれています。
いつも「想定外」という言葉に全てを背負い込ませている現実があります。

いま、ツイッターの登録者は1億人を超えています。
ツイッターは第一次情報源となりうるツールです。
*第一次情報源とは、事象や情報の発信源のこと。自らの体験や考えを発信すること。例:「大雨で木が倒れた」など。

大切な友人、家族、自然、時間を守るために、
自らの知力と行動力、そして情報技術を伴って、
「自らの判断が実行出来る」ように各自が想定外を見越して準備する必要があると感じています。
(ツイッターを利用出来ない人もいます、一番大切な情報技術はお隣の方に情報をお知らせすることでしょうか。)

未来に向かって・・・行動出来る様に自らの態勢を整えていくことが大切だと思います。

そして、社会全体が互いに大切なものを尊べる様に、行動する。
これは、個人レベルで「できること」です。

ご近所への声かけでも、地域社会への参加、文化へのまなざし・・・いろいろな角度から始められることと思います。
私も、今一度自分の生き方を見直し、大切なものを互いに尊べるように、「できること」をやりたい。
[PR]
by emi_nakae | 2011-09-23 09:04 | ふつうの私にできること