できることから、はじめたい

eminakae.exblog.jp
ブログトップ

放射能値測定機関のメモ(リンク集) 全身測定・食品・土壌・水質・尿・母乳

前回の「食品の放射能値の測定について考慮することのメモ」の続編になります。

個人が食品・土壌・水質・尿・母乳の放射能測定ができる機関のメモです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

放射能測定機関のリンク集(最終更新:2012/3/6)

【市民が運営している測定室】
市民測定所に関しましては、「全国市民測定所リスト」に詳しく掲載があります。

[福島県]
「市民放射能測定所」(福島市) (食品のみ)
〒960-8034 福島市置賜町8-8 パセナカMisse 1F
MAIL: info@crms-jpn.com
使用機器:ATOMTEX AT1320A 食品放射能スクリーニングシステム 2.5" x 2.5" NaI(Tl)検出器
検査:ヨウ素131、セシウム134、セシウム137、カリウム40から放出されるガンマ線
1検体 3,000円

□同団体の郡山市での測定室
1検体 3,000円(無料で測定していましたが、10月中旬より機器の精度をあげるための対応)
使用機器:ドイツ製BERTHOLD TECHNOLOGIES社 ベクレル・モニター LB200
検査:ヨウ化ナトリウム・シンチレーター 25mm×25mm 検出限界:20Bq/Kg
使用機器:ATOMTEX AT1320A 食品放射能スクリーニングシステム 2.5" x 2.5" NaI(Tl)検出器
検査:ヨウ素131、セシウム134、セシウム137、カリウム40から放出されるガンマ線
検体の結果はHPに公表されています。
市民放射能測定所の活動を継続するために、支援金を募集しています。
HP参照

いわき放射能市民測定室「たらちね」 (食品・全身測定)
受付時間 11時から15時 0246-92-2526(電話&FAX)
定休日 毎週木曜日・日曜日・祝祭日
開所時間 9時から17時 直接来室予約
食品放射能測定器2台・イス型ホールボディカウンター1台 
【食品測定】
費用:500円
使用機種:セシウムスクーリングシステム AT1320A 
検出限界:試料1リットルに対して C134 4ベクレル / C137 5.7ベクレル

使用機種:ベクレルモニター LB2045 
検出限界:試料0.42に対して C134 10ベクレル以下 / C137 10ベクレル以下
【全身測定】
ホールボディカウンター AT1316 
検出限界:300ベクレル以上
測定時間:3min or 5min
ホールボディカウンタを利用出来る身長・体重
身長 80cm
体重 20キロ以上費用:2歳以上から中学生相当年齢まで
費用:妊娠中の婦人(親子手帳を必ず提示)1,000円
   中学生相当年齢をこえるかた5,000円

 会員 月額1口 1,000円
 サポーター会員  個人 年額 1口 3,000円
 団体または法人  年額 1口 10,000円 
お問合せ:いわき市鹿島町久保字於振1-2 
電話&Fax:58-5570

■NPO法人TEAM二本松 市民放射能測定室
http://blog.livedoor.jp/nihonmatsuwaiwai/

[宮城県]
■小さき花 市民の放射能測定室(仙台)
連絡先:〒982-0231 仙台市太白区坪沼字原前15
022-302-3853/または 090-1397-0781
使用機器:国産応用光研工業FNF-401
検査:ヨウ素131 セシウム134 セシウム137 
検出限界値:1000秒で10Bg/kgの検出限界を保証しています。
料金:3000円 もしくは無料。
http://ameblo.jp/foreston39


みんなの放射線測定室「てとてと」
(宮城県南部の中心部、大河原町の蔵)
使用機器:AT1320A ガンマスペクトルメーター(ベラルーシ製ATOMTEX社)
限界値:30分間の測定で検出限界値はおおむね10ベクレル/kg。
価格:オープン(11/23)から3ヶ月間の暫定感謝価格…1検体の測定料は1000円
*ドイツ放射線防護協会が日本に向けて提言している、セシウム137の子どもの基準4Bq/kgと大人8Bq/kgまで対応できるようにしていく。(HPから引用)
活動資金の募金も募集しています。詳しくはHPをご覧下さい。
http://sokuteimiyagi.blog.fc2.com/

[埼玉県]
私達の未来測定所・秩父おがの(食品、土、灰など)
〒368-0105秩父郡小鹿野町小鹿野1833-1
090-9328-4563(田島)
測定機器:日本製 テクノAP  T N100B-15  
検出限界:11Bq 
検査:セシウム137、134やヨウ素131、カリウム40など核種判別
完全予約制。1時間で1〜2試料。
1回3500円〜。チケット制あり。詳しくはHPで。
http://titibu.sakura.ne.jp/sokuteijo/

[東京都]
小金井市放射能測定器運営連絡協議会(東京・小金井市)(食品など)
東京都小金井市本町5-6-19 上之原会館内
測定機器:ヨウ化ナトリウム(タリウム)シンチレーションディテクタ
測定方法:200cc 6時間 食品中のセシウム134およびセシウム137の放射能濃度を測定
対象:①市民の持ち込む食品 ②学校給食・保育園給食の食材 ③他

こどもみらい市民測定所@国分寺(食品)
活動内容
・会員&持込み品の食品検査
・市場マーケット品モリタリング検査
・生産者さん、飲食店さんと契約検査
・ガイガーカウンター(RADEX)貸し出し(1日)
・市民計測ネットワーク参加呼び掛け
使用機器:ATOMTEX AT1320A 食品放射能スクリーニングシステム 2.5" x 2.5" NaI(Tl)検出器
検査:ヨウ素131、セシウム134、セシウム137、カリウム40から放出されるガンマ線
料金:一回 3000円
検出限界値:1L 20bq/kg (10bq/kgについては調整中)
http://kodomira.blogspot.com/

検出限界値:
チェルノブイリ事故後、小金井市の市民たちによって発足。小金井市が主体となって運営しているために小金井市に在住している方のみに限定。無料。

日暮里放射能測定所「にっこり館」(食品・水・枯葉など)
〒116-0013
荒川区西日暮里1-50-6 西日暮里郵便局隣り
<西日暮里駅、新三河島、三河島駅から徒歩6分~8分程です。>
電話番号:03-3801-1211
使用機器:3×3 インチ※の高感度大型NaI(Tl)シンチレータを採用したγ線測定器
検査:標準的な15分(350cc)での測定は3,500円。(検出限界6.0、定量下限20.0)
   1.5Lを使用した最高精度での測定 6,000円(30分計測:検出限界0.8、定量下限2.6)。
会員制度のネットワークなどもあります。
http://www.bq-check.jp/


[神奈川県]
東林間放射能測定室(食品等)
神奈川県相模原市。
使用機器:ドイツのベルトールド社のNaIシンチレーター LB-200
検査:核種分析はできない。総ベクレル数の表示。
測定限界値:20Bq/kg

[長野県]
「放射能測定伊那谷市民ネットワーク」(食品、水、土壌)
飯田測定所 上郷飯沼 てくてく (自然食料品店)
使用機器:ベラルーシ製のアトムテックス(ATOMTEX AT1320A)
検査:セシウムスクーリングシステム
測定限界値:3.7Bq/kg(測定時間1〜3時間)
会費、カンパなど、詳しくはHPを参照ください。
測定結果も公表されています。
http://rm-ina.net/modules/pico/index.php?content_id=4

[静岡県]
「静岡放射能汚染測定室」 
運営:市民団体「プラムフィールド」(食品・母乳・土壌・葉)
事務局 054-209-2021
チェルノブイリ原子力発電所の事故後に主婦たちが開設し測定、10年経って閉鎖していたが、福島の事故後再開。
料金:入会時に5千円を寄付した会員は1検体3千円。それ以外の会員は同5千円。会員以外は同7千円。
HPに検査結果は公表されています。

[愛知県]
未来につなげる・東海ネット 市民放射能測定センター(食品、水、土壌、母乳など)
〒452-0802 名古屋市西区比良2-120 株式会社名古屋生活クラブ気付
TEL(052)-501-0251(平日9:00~18:00)
FAX(052)-503-0967
tnet_sokutei@ray.ocn.ne.jp (C―ラボ直通アドレス)

使用機器:2インチNaIシンチレーター
限界値:5Bq/kg程度まで測定できます。
料金:測定下限値10Bq/kg前後 2000円、 5Bq/kg前後 4000円
納期:試料到着後、10日を目途に報告。お急ぎの場合は別途ご相談。
その他:汚染情報を市民の間で共有するため、測定結果は原則公表します。
http://tokainet.wordpress.com/hsc/

その他にも、各地で設置の準備が進んでいます。(わかり次第UPしていきます。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【自治体の運営する測定機関】
■茨城県龍ヶ崎市 http://www.city.ryugasaki.ibaraki.jp/view.php?pageId=8759
市民は無料で使用できるそうです。
簡易測定方法のみ
検査対象が限られています。
・市内産の「販売を目的とした農畜産物」
・家庭菜園等の野菜類、自宅庭内の果樹等
・自宅敷地の土壌、井戸水
※ スーパー等の小売店で購入した野菜等の食材は、検査不可能。

二本松市 「放射性物質測定センター」「放射線被ばく測定センター」(農作物・全身測定)
対象:市民の皆さんが自家消費用に栽培された農産物
全身測定に関しましては問い合せください。健康増進課保健係 0243-55-5110

福島市 「放射線モニタリングセンター」(水、家庭菜園や自家農園などの農産物、その他の食品) 
使用機器:食品内放射能測定器(ベラルーシ ATOMTEX社製 NaIシンチレーション検出器)
 ※検出限界20ベクレル/キログラム

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【企業の運営する測定機関】
株式会社 日本環境アセス(食品・尿・母乳・土壌)
〒106-0047
東京都港区南麻布4-2-25 T2Pα 104
TEL:03-5422-8680 FAX:03-5422-8681 info@jea-navi.com

尿、母乳以外については以下の核種の測定も可能です。
129mTe 、 132Te 、 140Ba 、 95Nb 、 106Ru 、 140La 、 7Be 、 110mAg
料金は、1核種ごとに上記金額に3,000円ずつ加算となります。

検出下限値:通常下限値を10bq/kgで調べており、母乳や尿に関しては、0.2bq/kgまで
使用機器:「ゲルマニウム半導体検出器を用いたガンマ線スペクトロメトリーによる核種分析法」
料金:問い合わせ
http://www.jea-navi.com/houshanou.html

株式会社アレルギー食品検査センター (FARL;ファール)(食品・水・土壌)
〒379-2116 群馬県前橋市今井町514-7
Tel; 027-289-3800 Fax; 027-289-3802
使用機器:NaIシンチレーション検出器 シングルチャンネルアナライザ
検査:ヨウ素-134,セシウム-137 (税別7,000円)
検査:セシウム-134,137 (税別7,000円)
検査:ヨウ素-134,セシウム-134,137 (税別10,000円)

使用機器:ゲルマニウム半導体検出器 γスペクトロメトリー
検査:ヨウ素-134,セシウム-134,136,137 (税別25,000円)

限界値や納期などはHPでご覧になってください。
http://farlhousyanou.jimdo.com/


株式会社食環境衛生研究所 (食品・水など)
〒379-2107 群馬県前橋市荒口町561-21
TEL:027-230-3411 FAX:027-230-3412

使用機器:ゲルマニウム半導体検出器を用いたガンマ線スペクトロメトリー
検査:放射性物質 I-131、Cs-134,136,137(4核種)
納期:5~10(8月現在)営業日
費用:26,250円

使用機器:NaIシンチレーション検出器によるガンマ線シングルチャンネルアナライズ
検査:放射性物質 I-131、Cs-134、Cs-137(3核種)
納期:3~5営業日10,500円

使用機器:NaIシンチレーション検出器放射性物質 シンチレーション
検査:I-131、Cs-137
納期:3~5営業日
料金:7,350円

使用機器:NaIシンチレーション検出器
検査:Cs-134、Cs-137
納期:3~5営業日
費用:7,350円
http://www.shokukanken.com/kensa/52

株式会社フードテクニカル・ラボ(食品・水質・土壌)
東京都杉並区松庵3-19-6 03-3334-2107
料金:9,450円(税込)/1検体
検査:放射性セシウム(Cs-137)
http://food-labo.jp/service/radioactivity

株式会社 日吉 (食品、環境、廃棄物、工業製品)
滋賀県近江八幡市北之庄町908番地  (0748)32-5001

精密検査 「ゲルマニウム半導体検出器」 料金:問合せ
簡易検査 「Nal(TI)シンチレーションサーベイメータ」 料金:7350円
納期:2日~3日(営業日)
http://www.hiyoshi-es.co.jp/analysis/radioactivity.html

株式会社 同位体研究所(水・食品、化成品、衣類、包装資材、稲ワラ、堆肥、腐葉土、飼料等)
使用機器:NaIシンチレーション検出器・ベクレルモニター
料金:7,000円(税別)

使用機器:ゲルマニウム半導体検出器による精密検査
料金:15,000円(税別)(当日報告緊急検査は、3,000円追加費用)

その他、ストロンチウム、実地検査等もあります。
料金体系、検査体系が豊富なのでHPでお調べください。
http://www.radio-isotope.jp/

株式会社 理研分析センター(飲料水、食品、原材料、飼料、水、土壌、汚泥、焼却灰、肥料、セメント材、工業材料、コンクリートなど)
〒997-0013 山形県鶴岡市道形町18-17
TEL 0235-24-4427  FAX 0235-24-4429
使用機器:ゲルマニウム半導体γ線スペクトロメトリー
検査:ヨウ素-131、セシウム-134及びセシウム-137の分析
料金:1検体  12,000 円
検出下限値:2~5Bq/kg 程度
納期:通常3〜5日営業
*NaI測定器の利用による簡易検査も受付
尿・母乳の料金については、別途問い合せ。
・目標検出下限 0.50 - 0.30 Bq/kg   試料量500/ 2000 ml
・目標検出下限 0.29 - 0.10 Bq/kg   試料量 2000 ml
・目標検出下限 0.099 - 0.050 Bq/kg  試料量 2000 ml
 (検出下限の有効数字は2桁で0.001の位まで表記)
http://riken-ac.com/products_09.html

東京ニュークリア・サービス株式会社(飲食物、土壌、製品の出張調査)
〒110-0016 東京都台東区台東1丁目3番5号 反町ビル7階
TEL : 03-3831-7957 FAX : 03-3831-7950
使用機器:ゲルマニウム半導体検出器等
検査:ヨウ素及びセシウム
検出限界:暫定規制値の 1/10の濃度まで測定
納期:3日(食品)4日(土壌)程度
http://www.tokyo-nucl.co.jp/ri/ri110411.html

山北調査設計株式会社(水、土、農作物)
〒963-0204 福島県郡山市土瓜1丁目209番地
TEL : 024-951-7293 (代表) FAX : 024-951-7273
使用機器:ゲルマニウム半導体ガンマ線スペクトロメトリー (精密検査)
検査:ヨウ素131、セシウム134,136,137
検出限界:10bq/kg
納期:1週間
料金:20000円

使用機器:NaIシンチレーション検出機によるガンマ線スペクトロメトリー
検査:ヨウ素131、セシウム134,137
検出限界:10bq/kg /  30bq/kg
納期:1週間
料金:10000円
http://www.yamakita.tv/modules/gyoumu2/index.php?id=6

株式会社ニコニコサービス(水、食品、飲料、土壌)
〒331-0814 埼玉県さいたま市北区東大成1-10-2 セザンヌP6-101
電 話: 048-871-7795
F A X: 048-871-7796

使用機器:応用光研工業株式会社製 FNF-401 NaI(TI)シンチレーション検出器
検出限界:検査:ヨウ素131、セシウム134,137
納期:5~7日
料金:4,500円 →40bq以上の検出の場合再検査、詳しくはHPへ。
http://nico-nico.co.jp/hpgen/HPB/entries/13.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【自分で測定】
株式会社 ベクレルセンター運営「ベクミル」
千葉県柏市中央1-2-25矢羽根ビル2F
(電車:JR柏駅東口徒歩約6分 車:常磐道柏ICから約20分(7.6Km))
TEL: 04-7189-7416  (9:30~17:30 ※水曜日~20:00 定休 木・日(祭日も営業)
Mail: kashiwa@bq-center.com
備え:測定ブース、キッズスペース、授乳室
自分で検体を持ち込んで測定する施設。
使用機器・料金:NaIシンチレーション検出器・ベクレルモニター 980円/20分
        Nalシンチレーションガンマ船スペクトロメーター 3,980円/20分
柏店は予約制。

■上野店  株式会社 ベクレルセンター運営「ベクミル」 
〒110-0005 東京都台東区 上野7-10-6
03-6231-6341 営業時間 9:30~17:30(金曜日12:00~20:00) 定休 火・土(祭日営業)
料金:1検体3,980円(測定時間20分。Cs134+137の合算。測定限界10Bq/Kg)
予約なし、整理券配布。待ち時間の掲示あり。

詳しくはHPをご覧ください。
http://bq-center.com/bqmil/index.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
【社団法人の運営する機関】
社団法人 日本食品衛生協会 食品衛生研究所(食品等(飲料水など) 、その他相談)
〒194-0035 東京都町田市忠生2丁目5番47
TEL:042-789-0211、FAX:042-789-0355

使用機器:ゲルマニウム半導体検出器によるガンマ線スペクトロメトリー法
検査:セシウム134(134Cs)及びセシウム137(137Cs)
(ご希望によりヨウ素131(131I)を報告いたします)
検出下限値:50Bq/kg
http://www.n-shokuei.jp/houjin/laboratory/item/rikagaku_radioactivematerial.html

財団法人 新日本検定協会 SK横浜分析センター(食品一般)
〒222-0033 横浜市港北区新横浜2丁目12番地13号 新検ビル
TEL:045-473-5982 / FAX:045-474-0242

使用機器:ゲルマニウム半導体検出器を用いたガンマ線スペクトロメトリー
検査:放射性ヨウ素(I-131)、放射性セシウム(Cs-134、Cs-137)
料金:18,000円(税別)
納期:4営業日(検体集中により、納期が変動する場合があります。)
検出下限値:問合せ
http://www.shinken.or.jp/news/20110502.html

測定先をお選びになるときは、検査内容と限界値をお調べになってから、検体を出されることをお薦めします。
詳しく→食品の放射能値の測定について考慮することのメモ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
a0207462_6572034.jpgこどものたべもの基金:福島県に食べ物の放射能測定器を送ろう!
活動内容はこちら

チラシダウンロードこちら
[PR]
by emi_nakae | 2011-10-06 06:55 | 放射能から身を守る(食事編)