できることから、はじめたい

eminakae.exblog.jp
ブログトップ

放射能を排出する食品につきまして

先日、ベラルーシからベラルド研究所副所長のウラジーミル・バベンコ氏が来日され、放射能から身を守る方法を具体的に教えていただく機会がありました。
そのときの模様はこちら

このなかで、卵を使った「ストロンチウムを身体に取り込まないようにカルシウムをとりましょう」というお話がありました。その追記情報があります。
↓ ↓ ↓
バベンコ氏の通訳で共に来日された翻訳者の辰巳さんのブログ「ベラルーシの部屋ブログ」をご参照ください。
※(要約)鶏が放射能被害を受けている場合、卵が汚染されていないか?
→卵にはセシウムは濃縮されにくい。しかし、餌が汚染されていないかを検査する必要はあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これまでブログに書いてきましたが、再度、放射能を排出するといわれている食品について記します。

【ペクチンを含んだ食品】

ペクチンが一番豊富に含まれているのはオレンジ(バベンコさん談)。
オレンジは一個あたり200~250g ペクチン量は100gあたり 0.5~3.5%
単純計算でオレンジ1個200gとして、約1g~7gのペクチンが摂れます。

りんごは一個あたり350g ペクチン量は1~1.5%
単純計算でりんご1個で約3.5g~5.25gのペクチンが摂れます。

ペクチンについては、以前の記事に詳しく書いています。
※肝臓の疾患のある方はペクチンの摂取にはお気を付けください

ジャムの多くにはペクチンが添加されています。

他にお勧め
・果肉入りの野菜ジュースや果物ジュース
・プルーン、レーズン、アンズ
・ナッツ類(大豆や小豆も含みます)
・ココア
すべて食物繊維が豊富なのものが推奨されています!

イラスト付の「放射能を少なくする食生活」。(ダウンロードフリーです)
http://eminakae.exblog.jp/12956098/
携帯用のイラスト付の「放射能を少なくする食生活」。
http://eminakae.exblog.jp/12960244/

日本の昔からの食事
お味噌汁や豆腐(納豆)、玄米なども推奨されていますね。(豆が豊富、玄米の食物繊維や生命力)
玄米は、12時間浸水して、生体毒(アブシジン)をなくして食べましょう。(昆布を入れるといいそうです)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一番気をつけないといけないのは、抵抗力を落とす事だと思います。
過ごしやすい季節(今日は立冬ですが)、頑張りすぎたり、夜長で寝不足になりがちです。過度の疲労などに気をつけたいと思います。

また、放射能だけではなく、有害な化学物質、残留農薬も同じように細胞を傷つけます
安全な食材を選びましょう。
[PR]
by emi_nakae | 2011-11-08 21:34 | 放射能から身を守る(食事編)