できることから、はじめたい

eminakae.exblog.jp
ブログトップ

震災でお父さんお母さんをなくした子供たちへの支援

震災でお父さん、お母さんを亡くした子供たちを支援する目的のための
チャリティーバザーを開きます。

当日、沢山の方がご来場くださいまして好評のうちに終了いたしました。
売上総額 93,160円でした。
全額をあしなが育英会に寄付をし、震災遺児の支援活動に使っていただきます。
ご協力くださったみなさま、本当にありがとうございました。(更新11月28日)

「女たちのお手前市」
(女たちの手作りものが中心です。)
フリマの服・本・雑貨、ポストカード、有機よもぎ豆乳、パン、おからクッキー、シフォンケーキ、お稲荷さん、おからサラダ、カクテキなどを販売します。

時:11月27日(日曜日) 11:00~15:00
場所:豊島区池袋の大桃豆腐さんのお店を一日お借りします。
住所:豊島区池袋3−61−10

チャリティー市でのすべての収益を震災遺児(震災でお母さん、お父さんをなくしたこどもたち)の支援のために
「あしなが育英会」を通して寄付します。
a0207462_2063478.jpg


今回の震災で遺児となった18歳未満のこどもたちは、
被災3県で1295人。(2011年8月1日現在)
内訳は岩手445人、宮城711人、福島139人。

また、両親とも死亡または行方不明の震災孤児は229人
岩手91人、宮城117人、福島21人。

関連記事:
震災遺児の4割が小学生以下 「長期的支援が必要」
阪神の3倍206人の現実

あしなが育英会では支援が始まっています。
こどもたちの心のケアをサポートするための東北レインボーハウス・センターの建設。
0歳児から大学院生までの進学を支援する返済不要の「特別一時金」を給付の活動。

詳しくはこちら


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お手前市に来られない方も募金ができます。↓ ↓ ↓

★東日本大地震・津波で親を失った子どもたちへの心のケア活動、特別一時金への募金★
(1)郵便振替
あしなが東北レインボーハウスの建設費へのご寄付
口座番号「00120-7-355615」加入者名「あしなが東北レインボーハウス建設募金」

東日本大震災遺児への一時金、貸与奨学金、心のケアプログラム開催費などへのご寄付
口座番号「00130-7-776732」加入者名「あしなが東日本大地震・津波遺児募金」

(2)クレジットカード
本会ホームページからクレジットカードで寄付受付
あしなが東北レインボーハウスの建設費へのご寄付
東日本大震災遺児への一時金、貸与奨学金、心のケアプログラム開催費などへのご寄付

(3)現金書留で郵送
送付先:〒102-8639 東京都千代田区平河町1-6-8 平河町貝坂ビル3階
宛て名:あしなが育英会 東日本大地震・津波遺児募金

<お問い合わせ>
あしなが育英会 東日本大地震・津波緊急対応本部
 〒102-8639 東京都千代田区平河町1-6-8 平河町貝坂ビル3階
 被災者の方専用フリーダイヤル(0120)77-8565
 その他の方のお電話は(03)3221-0888
 FAX(03)3221-7676
 E-mail tsunami@ashinaga.org

・・・・・・・・・・・・・

当日の販売は大好評でした。
特に食品関係、発酵玄米のおにぎり、マクロビのスイーツ、無農薬無肥料米のお稲荷さん等内容も申し分なく、見た目にもきれいでかわいかったです。味はもちろん。
バザー開始30分くらいから、完売するものがでて、1時前には全て売れてしまいました。
食への関心が高い方と一緒にバザーが出来たこと、とても嬉しかったです。
また、フリーマーケットではお客さんが募金に参加する意味合いを込めて、「買値をお客様自身が自分で決める」というスタイルにしました。

当初、自分で決めること出来ない方が沢山出るのではないかしら??と賛否両論がありましたが、お客様はチャリティーの意味を理解して下さり、多めに金額をお支払いくださった方が多く目立ちました。

感謝申し上げます。ありがとうございました。
[PR]
by emi_nakae | 2011-11-25 20:49 | ふつうの私にできること