できることから、はじめたい

eminakae.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:放射能から身を守る(食事編)( 21 )

放射能を排出する食品につきまして

先日、ベラルーシからベラルド研究所副所長のウラジーミル・バベンコ氏が来日され、放射能から身を守る方法を具体的に教えていただく機会がありました。
そのときの模様はこちら

このなかで、卵を使った「ストロンチウムを身体に取り込まないようにカルシウムをとりましょう」というお話がありました。その追記情報があります。
↓ ↓ ↓
バベンコ氏の通訳で共に来日された翻訳者の辰巳さんのブログ「ベラルーシの部屋ブログ」をご参照ください。
※(要約)鶏が放射能被害を受けている場合、卵が汚染されていないか?
→卵にはセシウムは濃縮されにくい。しかし、餌が汚染されていないかを検査する必要はあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これまでブログに書いてきましたが、再度、放射能を排出するといわれている食品について記します。

【ペクチンを含んだ食品】

ペクチンが一番豊富に含まれているのはオレンジ(バベンコさん談)。
オレンジは一個あたり200~250g ペクチン量は100gあたり 0.5~3.5%
単純計算でオレンジ1個200gとして、約1g~7gのペクチンが摂れます。

りんごは一個あたり350g ペクチン量は1~1.5%
単純計算でりんご1個で約3.5g~5.25gのペクチンが摂れます。

ペクチンについては、以前の記事に詳しく書いています。
※肝臓の疾患のある方はペクチンの摂取にはお気を付けください

ジャムの多くにはペクチンが添加されています。

他にお勧め
・果肉入りの野菜ジュースや果物ジュース
・プルーン、レーズン、アンズ
・ナッツ類(大豆や小豆も含みます)
・ココア
すべて食物繊維が豊富なのものが推奨されています!

イラスト付の「放射能を少なくする食生活」。(ダウンロードフリーです)
http://eminakae.exblog.jp/12956098/
携帯用のイラスト付の「放射能を少なくする食生活」。
http://eminakae.exblog.jp/12960244/

日本の昔からの食事
お味噌汁や豆腐(納豆)、玄米なども推奨されていますね。(豆が豊富、玄米の食物繊維や生命力)
玄米は、12時間浸水して、生体毒(アブシジン)をなくして食べましょう。(昆布を入れるといいそうです)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一番気をつけないといけないのは、抵抗力を落とす事だと思います。
過ごしやすい季節(今日は立冬ですが)、頑張りすぎたり、夜長で寝不足になりがちです。過度の疲労などに気をつけたいと思います。

また、放射能だけではなく、有害な化学物質、残留農薬も同じように細胞を傷つけます
安全な食材を選びましょう。
[PR]
by emi_nakae | 2011-11-08 21:34 | 放射能から身を守る(食事編)

ベラルド研究所のウラジーミル・バベンコさんの講演会の書き出しと補足(子どもを放射能から守る方法)

10月13日、14日に『自分と子どもを放射能から守るには』著者 ウラジーミル・バベンコ氏来日 講演会が開かれました。
a0207462_1003826.png
▼講演者
ウラジーミル・バベンコ氏(ベルラド放射能安全研究所 副所長)
辰巳雅子氏(「ベラルーシの部屋ブログ」執筆者・通訳兼)


この講演会(会見)はustreamで中継されました。IWJ_FUKUSHIMA(岩上安身率いるIWJ)
録画はこちら。
http://www.ustream.tv/recorded/17864102

ベラルド研究所のこれまでの活動内容と子どもを放射能から守る具体的な方法などを示唆して下さっています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(以下、抜粋)
0:23:30
『長期間、放射能物質が体内にあるとこは人体への被害が多くなります。
(そのために、放射能物質を体内から排出させることが必要となり、排出させる)サプリメントの開発が必要になりました。そしてリンゴペクチンの開発を始めました。』

『当初、リンゴペクチンはウクライナが開発しました。ベラルーシはウクライナのペクチンを輸入しようとしましたが、高価なために輸入出来ませんでした。そこでベラルド研究所はドイツの研究機関と連帯して【ビタペクト】を開発しました。』

注:【ビタペクト】につきまして
チロ基金のHP
(チェルノブイリ事故を受けてこどもたちを守る活動をされています)に詳しく載っています。
http://belapakoi.s1.xrea.com/chiro/katudou/bitapekt/index.html
また、「ベラルーシの部屋ブログ」にも最新の情報と摂取した経過などが書かれています。
http://blog.goo.ne.jp/nbjc

『ペクチンは身体の中から放射性物質を排出する働きがあります。』
(補足:上のビデオにはありませんが、講演会場で書き取りした私のノートから)
『ペクチンは色々な野菜や果物に含まれています。
オレンジの実に一番含まれていることが分かりました。しかし、ベラルーシは寒い国なのでオレンジは高価なものであるためにリンゴを使ってペクチンを作ることにしました。オレンジにはリンゴよりも3〜5倍のペクチンが含まれています。』

0:50:38
ベラルド研究所の見解では、体重1kgあたり20ベクレル以下であれば、安全と考えています。(体重によって多少数値は変わりますが)
これを超えると危険というわけではない。これ以下であればかなりの確率で安全と考えています。
しかし、まったく被ばくをしないというのが一番いいです。』
(ちなみにベラルーシ保健省は1kgあたり400ベクレル以下が安全という基準です)

『ベラルド研究所ではある村のこどもたちを測定し、そこの全員が体重1kgあたり20ベクレル以下であれば、2度目の測定にはいきません。しかし、数年経つと、母親たちが「どのように食品に配慮するのか」を忘れ、内部被ばくが出てくるので再度測定しにいかなければならない事態がおこっています。』

0:58:30
『食品、体内の放射能値の測定をしなければなりません、測定することで、その後の対策ができます。』

[放射能値の測定なしの対策]
『スピルリナは放射能物質を体内から排出する作用があります。
3週間の服用で40%の排出の効果が認められました。
スピルリナは養殖栽培で現在アメリカ、中国、ロシア、モルディバで栽培されています。』

1:01:00
[放射性物質を体内に入るのを防御する方法]
『土壌や体内にカリウムが足りないと放射性セシウム(水溶性)が入り込みます
放射性物質は水溶性です。
同じ様に、ストロンチウムはカルシウムに性質が似ています。
身体の中でカルシウムが欠乏している状態で、ストロンチウムを体内に取り込んでしまうと、一瞬にしてストロンチウムが体内の骨組織に蓄積されます。

『ハンガリーの研究者の発表したカルシウムのサプリメントをご紹介します。
鶏の卵を固ゆでして、殺菌し、皮を剥きます。皮についている薄皮も取り除きます。そして、粉状になるまで細かく砕きます。
それを一日6g服用します。
これは、卵を利用したカルシウムサプリメントです。
しかし、私(バベンコ氏)は6gは多すぎると考えています。』
注:補足、他の場面で2gでいいのではないか、と述べられています。

(以上、赤色などは私がしました。お時間のある方は録画をご覧下さい。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
自分と子どもを放射能から守るには」には詳しい対策等が載っています。

また、以前私が辰巳さん(翻訳/通訳者)と作成しましたテキストは、ダウンロードフリー(無料)です。
イラスト付「放射能を少なくする食生活」http://eminakae.exblog.jp/12956098
イラスト付「放射能を少なくする下ごしらえ」http://eminakae.exblog.jp/12682618

a0207462_1028979.png
a0207462_1028543.png
プリント用/PDF版は私のHPからどうぞ。(こちらもダウンロード無料です。)
http://emibatake.jimdo.com/


[PR]
by emi_nakae | 2011-10-17 10:50 | 放射能から身を守る(食事編)

放射能値測定機関のメモ(リンク集) 全身測定・食品・土壌・水質・尿・母乳

前回の「食品の放射能値の測定について考慮することのメモ」の続編になります。

個人が食品・土壌・水質・尿・母乳の放射能測定ができる機関のメモです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

放射能測定機関のリンク集(最終更新:2012/3/6)

【市民が運営している測定室】
市民測定所に関しましては、「全国市民測定所リスト」に詳しく掲載があります。

[福島県]
「市民放射能測定所」(福島市) (食品のみ)
〒960-8034 福島市置賜町8-8 パセナカMisse 1F
MAIL: info@crms-jpn.com
使用機器:ATOMTEX AT1320A 食品放射能スクリーニングシステム 2.5" x 2.5" NaI(Tl)検出器
検査:ヨウ素131、セシウム134、セシウム137、カリウム40から放出されるガンマ線
1検体 3,000円

□同団体の郡山市での測定室
1検体 3,000円(無料で測定していましたが、10月中旬より機器の精度をあげるための対応)
使用機器:ドイツ製BERTHOLD TECHNOLOGIES社 ベクレル・モニター LB200
検査:ヨウ化ナトリウム・シンチレーター 25mm×25mm 検出限界:20Bq/Kg
使用機器:ATOMTEX AT1320A 食品放射能スクリーニングシステム 2.5" x 2.5" NaI(Tl)検出器
検査:ヨウ素131、セシウム134、セシウム137、カリウム40から放出されるガンマ線
検体の結果はHPに公表されています。
市民放射能測定所の活動を継続するために、支援金を募集しています。
HP参照

いわき放射能市民測定室「たらちね」 (食品・全身測定)
受付時間 11時から15時 0246-92-2526(電話&FAX)
定休日 毎週木曜日・日曜日・祝祭日
開所時間 9時から17時 直接来室予約
食品放射能測定器2台・イス型ホールボディカウンター1台 
【食品測定】
費用:500円
使用機種:セシウムスクーリングシステム AT1320A 
検出限界:試料1リットルに対して C134 4ベクレル / C137 5.7ベクレル

使用機種:ベクレルモニター LB2045 
検出限界:試料0.42に対して C134 10ベクレル以下 / C137 10ベクレル以下
【全身測定】
ホールボディカウンター AT1316 
検出限界:300ベクレル以上
測定時間:3min or 5min
ホールボディカウンタを利用出来る身長・体重
身長 80cm
体重 20キロ以上費用:2歳以上から中学生相当年齢まで
費用:妊娠中の婦人(親子手帳を必ず提示)1,000円
   中学生相当年齢をこえるかた5,000円

 会員 月額1口 1,000円
 サポーター会員  個人 年額 1口 3,000円
 団体または法人  年額 1口 10,000円 
お問合せ:いわき市鹿島町久保字於振1-2 
電話&Fax:58-5570

■NPO法人TEAM二本松 市民放射能測定室
http://blog.livedoor.jp/nihonmatsuwaiwai/

[宮城県]
■小さき花 市民の放射能測定室(仙台)
連絡先:〒982-0231 仙台市太白区坪沼字原前15
022-302-3853/または 090-1397-0781
使用機器:国産応用光研工業FNF-401
検査:ヨウ素131 セシウム134 セシウム137 
検出限界値:1000秒で10Bg/kgの検出限界を保証しています。
料金:3000円 もしくは無料。
http://ameblo.jp/foreston39


みんなの放射線測定室「てとてと」
(宮城県南部の中心部、大河原町の蔵)
使用機器:AT1320A ガンマスペクトルメーター(ベラルーシ製ATOMTEX社)
限界値:30分間の測定で検出限界値はおおむね10ベクレル/kg。
価格:オープン(11/23)から3ヶ月間の暫定感謝価格…1検体の測定料は1000円
*ドイツ放射線防護協会が日本に向けて提言している、セシウム137の子どもの基準4Bq/kgと大人8Bq/kgまで対応できるようにしていく。(HPから引用)
活動資金の募金も募集しています。詳しくはHPをご覧下さい。
http://sokuteimiyagi.blog.fc2.com/

[埼玉県]
私達の未来測定所・秩父おがの(食品、土、灰など)
〒368-0105秩父郡小鹿野町小鹿野1833-1
090-9328-4563(田島)
測定機器:日本製 テクノAP  T N100B-15  
検出限界:11Bq 
検査:セシウム137、134やヨウ素131、カリウム40など核種判別
完全予約制。1時間で1〜2試料。
1回3500円〜。チケット制あり。詳しくはHPで。
http://titibu.sakura.ne.jp/sokuteijo/

[東京都]
小金井市放射能測定器運営連絡協議会(東京・小金井市)(食品など)
東京都小金井市本町5-6-19 上之原会館内
測定機器:ヨウ化ナトリウム(タリウム)シンチレーションディテクタ
測定方法:200cc 6時間 食品中のセシウム134およびセシウム137の放射能濃度を測定
対象:①市民の持ち込む食品 ②学校給食・保育園給食の食材 ③他

こどもみらい市民測定所@国分寺(食品)
活動内容
・会員&持込み品の食品検査
・市場マーケット品モリタリング検査
・生産者さん、飲食店さんと契約検査
・ガイガーカウンター(RADEX)貸し出し(1日)
・市民計測ネットワーク参加呼び掛け
使用機器:ATOMTEX AT1320A 食品放射能スクリーニングシステム 2.5" x 2.5" NaI(Tl)検出器
検査:ヨウ素131、セシウム134、セシウム137、カリウム40から放出されるガンマ線
料金:一回 3000円
検出限界値:1L 20bq/kg (10bq/kgについては調整中)
http://kodomira.blogspot.com/

検出限界値:
チェルノブイリ事故後、小金井市の市民たちによって発足。小金井市が主体となって運営しているために小金井市に在住している方のみに限定。無料。

日暮里放射能測定所「にっこり館」(食品・水・枯葉など)
〒116-0013
荒川区西日暮里1-50-6 西日暮里郵便局隣り
<西日暮里駅、新三河島、三河島駅から徒歩6分~8分程です。>
電話番号:03-3801-1211
使用機器:3×3 インチ※の高感度大型NaI(Tl)シンチレータを採用したγ線測定器
検査:標準的な15分(350cc)での測定は3,500円。(検出限界6.0、定量下限20.0)
   1.5Lを使用した最高精度での測定 6,000円(30分計測:検出限界0.8、定量下限2.6)。
会員制度のネットワークなどもあります。
http://www.bq-check.jp/


[神奈川県]
東林間放射能測定室(食品等)
神奈川県相模原市。
使用機器:ドイツのベルトールド社のNaIシンチレーター LB-200
検査:核種分析はできない。総ベクレル数の表示。
測定限界値:20Bq/kg

[長野県]
「放射能測定伊那谷市民ネットワーク」(食品、水、土壌)
飯田測定所 上郷飯沼 てくてく (自然食料品店)
使用機器:ベラルーシ製のアトムテックス(ATOMTEX AT1320A)
検査:セシウムスクーリングシステム
測定限界値:3.7Bq/kg(測定時間1〜3時間)
会費、カンパなど、詳しくはHPを参照ください。
測定結果も公表されています。
http://rm-ina.net/modules/pico/index.php?content_id=4

[静岡県]
「静岡放射能汚染測定室」 
運営:市民団体「プラムフィールド」(食品・母乳・土壌・葉)
事務局 054-209-2021
チェルノブイリ原子力発電所の事故後に主婦たちが開設し測定、10年経って閉鎖していたが、福島の事故後再開。
料金:入会時に5千円を寄付した会員は1検体3千円。それ以外の会員は同5千円。会員以外は同7千円。
HPに検査結果は公表されています。

[愛知県]
未来につなげる・東海ネット 市民放射能測定センター(食品、水、土壌、母乳など)
〒452-0802 名古屋市西区比良2-120 株式会社名古屋生活クラブ気付
TEL(052)-501-0251(平日9:00~18:00)
FAX(052)-503-0967
tnet_sokutei@ray.ocn.ne.jp (C―ラボ直通アドレス)

使用機器:2インチNaIシンチレーター
限界値:5Bq/kg程度まで測定できます。
料金:測定下限値10Bq/kg前後 2000円、 5Bq/kg前後 4000円
納期:試料到着後、10日を目途に報告。お急ぎの場合は別途ご相談。
その他:汚染情報を市民の間で共有するため、測定結果は原則公表します。
http://tokainet.wordpress.com/hsc/

その他にも、各地で設置の準備が進んでいます。(わかり次第UPしていきます。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【自治体の運営する測定機関】
■茨城県龍ヶ崎市 http://www.city.ryugasaki.ibaraki.jp/view.php?pageId=8759
市民は無料で使用できるそうです。
簡易測定方法のみ
検査対象が限られています。
・市内産の「販売を目的とした農畜産物」
・家庭菜園等の野菜類、自宅庭内の果樹等
・自宅敷地の土壌、井戸水
※ スーパー等の小売店で購入した野菜等の食材は、検査不可能。

二本松市 「放射性物質測定センター」「放射線被ばく測定センター」(農作物・全身測定)
対象:市民の皆さんが自家消費用に栽培された農産物
全身測定に関しましては問い合せください。健康増進課保健係 0243-55-5110

福島市 「放射線モニタリングセンター」(水、家庭菜園や自家農園などの農産物、その他の食品) 
使用機器:食品内放射能測定器(ベラルーシ ATOMTEX社製 NaIシンチレーション検出器)
 ※検出限界20ベクレル/キログラム

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【企業の運営する測定機関】
株式会社 日本環境アセス(食品・尿・母乳・土壌)
〒106-0047
東京都港区南麻布4-2-25 T2Pα 104
TEL:03-5422-8680 FAX:03-5422-8681 info@jea-navi.com

尿、母乳以外については以下の核種の測定も可能です。
129mTe 、 132Te 、 140Ba 、 95Nb 、 106Ru 、 140La 、 7Be 、 110mAg
料金は、1核種ごとに上記金額に3,000円ずつ加算となります。

検出下限値:通常下限値を10bq/kgで調べており、母乳や尿に関しては、0.2bq/kgまで
使用機器:「ゲルマニウム半導体検出器を用いたガンマ線スペクトロメトリーによる核種分析法」
料金:問い合わせ
http://www.jea-navi.com/houshanou.html

株式会社アレルギー食品検査センター (FARL;ファール)(食品・水・土壌)
〒379-2116 群馬県前橋市今井町514-7
Tel; 027-289-3800 Fax; 027-289-3802
使用機器:NaIシンチレーション検出器 シングルチャンネルアナライザ
検査:ヨウ素-134,セシウム-137 (税別7,000円)
検査:セシウム-134,137 (税別7,000円)
検査:ヨウ素-134,セシウム-134,137 (税別10,000円)

使用機器:ゲルマニウム半導体検出器 γスペクトロメトリー
検査:ヨウ素-134,セシウム-134,136,137 (税別25,000円)

限界値や納期などはHPでご覧になってください。
http://farlhousyanou.jimdo.com/


株式会社食環境衛生研究所 (食品・水など)
〒379-2107 群馬県前橋市荒口町561-21
TEL:027-230-3411 FAX:027-230-3412

使用機器:ゲルマニウム半導体検出器を用いたガンマ線スペクトロメトリー
検査:放射性物質 I-131、Cs-134,136,137(4核種)
納期:5~10(8月現在)営業日
費用:26,250円

使用機器:NaIシンチレーション検出器によるガンマ線シングルチャンネルアナライズ
検査:放射性物質 I-131、Cs-134、Cs-137(3核種)
納期:3~5営業日10,500円

使用機器:NaIシンチレーション検出器放射性物質 シンチレーション
検査:I-131、Cs-137
納期:3~5営業日
料金:7,350円

使用機器:NaIシンチレーション検出器
検査:Cs-134、Cs-137
納期:3~5営業日
費用:7,350円
http://www.shokukanken.com/kensa/52

株式会社フードテクニカル・ラボ(食品・水質・土壌)
東京都杉並区松庵3-19-6 03-3334-2107
料金:9,450円(税込)/1検体
検査:放射性セシウム(Cs-137)
http://food-labo.jp/service/radioactivity

株式会社 日吉 (食品、環境、廃棄物、工業製品)
滋賀県近江八幡市北之庄町908番地  (0748)32-5001

精密検査 「ゲルマニウム半導体検出器」 料金:問合せ
簡易検査 「Nal(TI)シンチレーションサーベイメータ」 料金:7350円
納期:2日~3日(営業日)
http://www.hiyoshi-es.co.jp/analysis/radioactivity.html

株式会社 同位体研究所(水・食品、化成品、衣類、包装資材、稲ワラ、堆肥、腐葉土、飼料等)
使用機器:NaIシンチレーション検出器・ベクレルモニター
料金:7,000円(税別)

使用機器:ゲルマニウム半導体検出器による精密検査
料金:15,000円(税別)(当日報告緊急検査は、3,000円追加費用)

その他、ストロンチウム、実地検査等もあります。
料金体系、検査体系が豊富なのでHPでお調べください。
http://www.radio-isotope.jp/

株式会社 理研分析センター(飲料水、食品、原材料、飼料、水、土壌、汚泥、焼却灰、肥料、セメント材、工業材料、コンクリートなど)
〒997-0013 山形県鶴岡市道形町18-17
TEL 0235-24-4427  FAX 0235-24-4429
使用機器:ゲルマニウム半導体γ線スペクトロメトリー
検査:ヨウ素-131、セシウム-134及びセシウム-137の分析
料金:1検体  12,000 円
検出下限値:2~5Bq/kg 程度
納期:通常3〜5日営業
*NaI測定器の利用による簡易検査も受付
尿・母乳の料金については、別途問い合せ。
・目標検出下限 0.50 - 0.30 Bq/kg   試料量500/ 2000 ml
・目標検出下限 0.29 - 0.10 Bq/kg   試料量 2000 ml
・目標検出下限 0.099 - 0.050 Bq/kg  試料量 2000 ml
 (検出下限の有効数字は2桁で0.001の位まで表記)
http://riken-ac.com/products_09.html

東京ニュークリア・サービス株式会社(飲食物、土壌、製品の出張調査)
〒110-0016 東京都台東区台東1丁目3番5号 反町ビル7階
TEL : 03-3831-7957 FAX : 03-3831-7950
使用機器:ゲルマニウム半導体検出器等
検査:ヨウ素及びセシウム
検出限界:暫定規制値の 1/10の濃度まで測定
納期:3日(食品)4日(土壌)程度
http://www.tokyo-nucl.co.jp/ri/ri110411.html

山北調査設計株式会社(水、土、農作物)
〒963-0204 福島県郡山市土瓜1丁目209番地
TEL : 024-951-7293 (代表) FAX : 024-951-7273
使用機器:ゲルマニウム半導体ガンマ線スペクトロメトリー (精密検査)
検査:ヨウ素131、セシウム134,136,137
検出限界:10bq/kg
納期:1週間
料金:20000円

使用機器:NaIシンチレーション検出機によるガンマ線スペクトロメトリー
検査:ヨウ素131、セシウム134,137
検出限界:10bq/kg /  30bq/kg
納期:1週間
料金:10000円
http://www.yamakita.tv/modules/gyoumu2/index.php?id=6

株式会社ニコニコサービス(水、食品、飲料、土壌)
〒331-0814 埼玉県さいたま市北区東大成1-10-2 セザンヌP6-101
電 話: 048-871-7795
F A X: 048-871-7796

使用機器:応用光研工業株式会社製 FNF-401 NaI(TI)シンチレーション検出器
検出限界:検査:ヨウ素131、セシウム134,137
納期:5~7日
料金:4,500円 →40bq以上の検出の場合再検査、詳しくはHPへ。
http://nico-nico.co.jp/hpgen/HPB/entries/13.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【自分で測定】
株式会社 ベクレルセンター運営「ベクミル」
千葉県柏市中央1-2-25矢羽根ビル2F
(電車:JR柏駅東口徒歩約6分 車:常磐道柏ICから約20分(7.6Km))
TEL: 04-7189-7416  (9:30~17:30 ※水曜日~20:00 定休 木・日(祭日も営業)
Mail: kashiwa@bq-center.com
備え:測定ブース、キッズスペース、授乳室
自分で検体を持ち込んで測定する施設。
使用機器・料金:NaIシンチレーション検出器・ベクレルモニター 980円/20分
        Nalシンチレーションガンマ船スペクトロメーター 3,980円/20分
柏店は予約制。

■上野店  株式会社 ベクレルセンター運営「ベクミル」 
〒110-0005 東京都台東区 上野7-10-6
03-6231-6341 営業時間 9:30~17:30(金曜日12:00~20:00) 定休 火・土(祭日営業)
料金:1検体3,980円(測定時間20分。Cs134+137の合算。測定限界10Bq/Kg)
予約なし、整理券配布。待ち時間の掲示あり。

詳しくはHPをご覧ください。
http://bq-center.com/bqmil/index.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
【社団法人の運営する機関】
社団法人 日本食品衛生協会 食品衛生研究所(食品等(飲料水など) 、その他相談)
〒194-0035 東京都町田市忠生2丁目5番47
TEL:042-789-0211、FAX:042-789-0355

使用機器:ゲルマニウム半導体検出器によるガンマ線スペクトロメトリー法
検査:セシウム134(134Cs)及びセシウム137(137Cs)
(ご希望によりヨウ素131(131I)を報告いたします)
検出下限値:50Bq/kg
http://www.n-shokuei.jp/houjin/laboratory/item/rikagaku_radioactivematerial.html

財団法人 新日本検定協会 SK横浜分析センター(食品一般)
〒222-0033 横浜市港北区新横浜2丁目12番地13号 新検ビル
TEL:045-473-5982 / FAX:045-474-0242

使用機器:ゲルマニウム半導体検出器を用いたガンマ線スペクトロメトリー
検査:放射性ヨウ素(I-131)、放射性セシウム(Cs-134、Cs-137)
料金:18,000円(税別)
納期:4営業日(検体集中により、納期が変動する場合があります。)
検出下限値:問合せ
http://www.shinken.or.jp/news/20110502.html

測定先をお選びになるときは、検査内容と限界値をお調べになってから、検体を出されることをお薦めします。
詳しく→食品の放射能値の測定について考慮することのメモ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
a0207462_6572034.jpgこどものたべもの基金:福島県に食べ物の放射能測定器を送ろう!
活動内容はこちら

チラシダウンロードこちら
[PR]
by emi_nakae | 2011-10-06 06:55 | 放射能から身を守る(食事編)

食品の放射能測定を依頼の際に考慮することのメモ

個人で行う食品の放射能測定につきまして、調べています。
食品・食材を検査に出そうとお考えは多くいらっしゃると思いますので、情報を記します。

まず、重要な資料に
平成14年度に発表された「緊急時における食品の放射能測定マニュアル」があります。
これは厚生労働省医薬局食品保健部監視安全課の資料です。

現在でも効力のある資料です。
法人や研究所の測定で指針となる資料となっているようです。

測定に関しての検査方法などは「緊急時における食品の放射能測定マニュアル」をお読みになれば、
解釈の助けになると思います。しかし専門的なところも多いです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

食品の放射能測定を依頼する際に、「考慮する点」
1.使用する機器
2.検出される核種
3.測定にかける時間
4.検出限界値(測定をどこまで正確に測るか)
5.費用


1.使用する機器について
食品の放射能を測定する機器は大きく2種類あります。
「NaI(Tl)シンチレーションサーベイメータ」…簡易測定方法。核種の判別が出来ない。
「ゲルマニウム半導体検出器」…精密測定方法。核種の判別ができる。
 
よって、「ゲルマニウム半導体検出器」を使って測定しているところにお願いした方を推奨します。

機器につきましては、真宗大谷派 常福寺さんのブログが大変わかりやすいので、ぜひお読みください。

2.検出される核種
ヨウ素131やセシウム134.137の結果のみ検査機関も多いのですが、
ストロンチウムなどの核種についてもわかる機関もあります。

3.測定にかける時間
無料で検査をしてくれるところもありますが、その場合の多くは結果がわかるのが時間がかかるようです。
最短で当日の検査報告(電話回答)のところもありました。

4.検出限界値
測定の精度です。
詳細にお調べになりたい場合は、ここの値を必ず調べる必要があります。

測定機関によって、限界値が違います。
精度の高いことを重要視されるならば、ここはきちんとお調べになったほうがいいと思います。
(個人的には、検出限界値が5~10ベクレル/kg程度の精密な測定が可能なところに依頼したいです。)

5.費用
無料から5万円くらいまで様々ですが、
精密検査(ゲルマニウム半導体検出器)で約2万前後が相場のように思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次回の記事に、「放射能値測定機関のメモ(リンク集) 食品・土壌・水質・尿・母乳」があります。
少しでもご参考に慣れれば幸いです。
[PR]
by emi_nakae | 2011-10-06 06:54 | 放射能から身を守る(食事編)

書籍「自分と子どもを放射能から守るには」発売

書籍「自分と子どもを放射能から守るには」が発売されました。
a0207462_5183355.jpg


この本は「ベラルーシの部屋ブログ」で掲載されてきた内容を書籍として編集し、
今中哲二先生(京都大学原子炉実験所)が監修されています。

事故当初、
放射能からどうすれば逃れられるか、
食材にも険がある・・・それは内部被ばくという、
放射能は水で流される、
放射能は花粉のように飛んでいる、
などなど、
私があまりにも無知であった情報を刻々と伝えてくださったのが「ベラルーシの部屋ブログ」です。

ブログ内で
放射能から日本に住んでいる人の身を守るために、ベラルド研究所が国民用に無料で配布しているリーフレットを訳してくださり、次々と発表してくださいました。
私たちは、それによって多くの情報を知るきっかけを貰いました。

ベラルーシの部屋ブログの管理者であり、書籍「自分と子どもを放射能から守るには」の翻訳者である辰巳雅子さんに、感謝してやみません。

その後、私はこのブログで
イラスト付「放射能を少なくする下ごしらえ」
イラスト付「放射能を少なくする食生活」
作成に取り組みました。

お忙しい中、時差がある中何度も何度もメールをやり取りしてご監修いただきました。
改めてここに感謝申し上げます。

書籍「自分と子どもを放射能から守るには」のご購入は
アマゾン等でできます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
内容
チェルノブイリ事故から25年。
時を経てわかった放射能の中を生きるすべとは。
ちゃんと知って、ちゃんと食べて、賢く生き抜く12Files

第1章 知って守る

File1チェルノブイリ原発事故のこと 
File2放射能とは? 
File3放射能はどのようにして体に入る?
File4放射能が体に与える影響 
File5食品の放射能測定と暫定基準値 
File6体内放射能を測る

  第2章 食べて守る

File7キッチンでできる食品放射能の減らし方 <野菜・くだもの、きのこ、乳製品、肉類、魚介類>
File8放射能から体を守る食生活 
File9ペクチン剤とは?

  第3章 この地で生きる

File10汚染地域で畑や家庭菜園をするには 
File11汚染地域で生きるためにするべきこと 
File12いっしょなら簡単に!


私も早速、注文しました。
[PR]
by emi_nakae | 2011-09-17 05:30 | 放射能から身を守る(食事編)

YES FOOD ロゴマークのこんな風に使っていただけると嬉しい。

食材に配慮して商品を提供しているお店が日本中に増えることを願って作ったロゴマークです。

ダウンロードフリーです。

a0207462_1012492.jpg


フリーでダウンロードできます。
大きさがいろいろありますので、
印刷してお使いください。
ダウンロードはこちら
[PR]
by emi_nakae | 2011-08-22 16:42 | 放射能から身を守る(食事編)

YES FOOD(放射能汚染に配慮した食材で提供しています)ロゴマーク作りました。

知人のレストランのシェフさんは、
福島の事故以来、食材に配慮して毎日お客さんにお料理を作っています。

それだけではなく、勉強会などにも積極的にご参加されています。
私自身もここのお店のご夫婦に刺激されて、活動してきました。

お客様にリラックスしてお食事を召し上がっていただくレストランとして、まっ先に安全な食材を選んで実施してこられています。

ご自身の用事で九州地方に行かれたときも、
お土産そっちのけで、レンコンなどの食材を買って、大きなリュックに入れて帰ってこられたそうです。

私には「お店やレストランが汚染のない食材を使っていることを提示することで、日本全体の外食産業の意識が変えられるのではないだろうか?」という思いと、「安全なところで食べたいな~」という思いがありました。

思い切って、この友人シェフさんに
【YES FOOD】というロゴを作るからお店に張ってくださいませんか?」とお願いしました。

「うち(当店)らしく頑張ります。」と快諾のお返事を頂きました。(素敵なシェフさんなのです)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
作りました。
a0207462_9335184.jpg

大きいサイズ。店舗の入口でお使いいただけると思います。プリント用はPDFもあります。↓


a0207462_9313268.jpg

お店の中のレジの横やテーブルに小さく置いていただけますようにスモールサイズ。

このブログにはPDFを貼れる機能がありませんので、
PDFは私のHPにあります。

注意事項:
汚染に関して、第三者の検査が入っていることを認定するマークではありません。
なお、このマークの使用は自己判断でお願いします。
このマークを使用してのトラブルには対処致しかねます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
放射能汚染に配慮したお店(レストラン・ショップ・カフェ・バーなど)でお使いいただけます。
私たちの暮らしの身近にあるお豆腐屋さん、ケーキ屋さん、パン屋さんなどで使っていただけると幸いです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
オフレコ ①

YESの理由は、
放射能(NO)の反対だから、
「YES」の響きが好きだから、
オノ・ヨーコさんの作品 階段のぼって「yes」が好きだから。

オフレコ②
友人のお店は神奈川県の秦野市にあります。次回ご紹介します。
[PR]
by emi_nakae | 2011-08-17 10:52 | 放射能から身を守る(食事編)

小児科医・黒部信一医師の内部被ばくへの注意「食品に気をつける」

食べ物や環境による内部被ばくについて、たくさんの情報が出てくるようになりました。
でも、依然として内部被ばくを最も気をつけなくてはいけないと明言されている方は少ないように思います。

私見ですが、
チェルノブイリにおいて子どもの状況を診てきたお医者さんたちは、
事故直後から警告をしてきているように思います。

先日(8/6)、
福島市でご活動されている小児科医・黒部信一医師が、
あるテレビ番組でこのように提言されています。

『母乳汚染を調べましたら、250検体の約10%の母親の母乳からに高い(汚染の)値がでました。~(略)~母親の内部汚染を減らすために、食品に注意するように指示をしました、すると(被ばくの値は)陰性になるか低下しました。』

引用先の動画はこちらです。
http://youtu.be/EBple-xb0rY

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

食品への国の対応は遅れています。
個人レベル、市民グループで幼い命を守っていかなければならない状況です。

私は東京に住む一消費者としてスーパーを選び、産地を気にして食品を選んでいます。
すべての食品を食べる前に調べることは難しいのですが、今できることはやっています。

先日まで、夏休みを利用して長崎県へ子どもと旅行に行きました。
長崎にいるときには、なにも考えなかったのですが、
東京に帰ってきて、食材を買い物をしようとしたときに、
フッと身体が緊張しました。

「ああ、内部被ばく・・・気をつけないと・・・」

何を買うのかも忘れて、ぐるぐるとスーパーの中を回っていました。

多くの、ともに子育てをしている母親たちが普段の生活から緊張していることに改めて気づかされました。

時に深呼吸をして、ときに歌をうたって、子どもを守るために助け合って動いていかなければと決意を新たにしました。
[PR]
by emi_nakae | 2011-08-12 14:29 | 放射能から身を守る(食事編)

学校給食の安全を守るために。提案書と署名シート。

ブログ「Idoaの本気」さんが作られた
【食材の放射線被曝における学校給食改善の為の提案書】
をご紹介します。

夏休みを明けて、2学期が始まります。
食材の汚染が報道されることになって、給食に対して不安に思う保護者の方が増えていると思います。

idoaさんのように、
学校給食に使う食材に配慮してもらうように働きかけていくことは必要だと思います。

現在の食品の安全レベルは大人にとっては「了解するべき値」かも知れません。
しかし、子どもや妊娠する可能性のある女性には「拒否」する値と考えています。

そもそも、暫定基準値自体を拒否したいというのが子どもをもつ親の本音ではないでしょうか。
わたしはそうです。

上のPDF文書はそのままお使いになられても、雛形としてご自身で作成されても良いと思います。
(idoaさんにはご了解得ています。この場をお借りして感謝申し上げます。)

汚染牛肉が見つかった経緯については、
東京副都知事の猪瀬直樹氏のこちらの記事で理解できると思います。(必読です)
猪瀬氏は「厚労省の人災」と書かれています。わたしも強くそう思います。

・・・・・・・・・・・・・・・

これまで、個人で悩まれたり、声を上げてきた方にとっては、
「ほかのお母さんたちとつながって」声を上げることができる状況になってきていると思います。

1人でも多くの方の声を拾うことができるように、
「安全な給食への取り組みの提案書」の署名フォーマットを作成しました。
idoaさんの作成された提案書の文書を参考に作成しました。)

みなさま、
利用にするにあたって、改善する箇所がありましたら、教えてください。お願いします。


a0207462_184717.jpg


PDFファイルはこちらです。
http://www35.jimdo.com/app/s9ab9754b674bceef/pa13244f43cc61c17/

ご自分で連絡先等を書き加えてご使用ください。
なお、使用に当たりまして、すべて個人のご判断でご使用くださいますようにお願いいたします。
[PR]
by emi_nakae | 2011-07-31 21:30 | 放射能から身を守る(食事編)

ペクチン摂取量につきまして 「~食生活」の追記情報です。

イラスト付き「放射能を少なくする食生活」に追記情報です。

「ペクチン」についてです。
ベラルーシの部屋ブログのTさんの解説に追記事項がありますので、私もここでご紹介させていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ペクチンの摂取量は一日9gまでだそうです。(それ以上は健康上よくない)

9gはどのくらいでしょうか?
私もわからなかったので、少し調べました。
wikipediaから引用します。(http://en.wikipedia.org/wiki/Pectin

(引用)
リンゴ、グアバ、マルメロ、プラム、スグリ、オレンジのような柑橘類にはたくさんのペクチンの成分が含まれています。
一方、サクランボ、ブドウとイチゴのような柔らかい果物にはペクチンの成分は少なめです。

果物のペクチン含有量(一般的なもの:1個単位)
りんご 1~1.5%
アプリコット 1%
サクランボ 0.4%
オレンジ  0.5~3.5%
ニンジン およそ1.4%
柑橘類の皮 30%


(原文)
Apples, guavas, quince, plums, gooseberries, oranges and other citrus fruits, contain large amounts of pectin, while soft fruits like cherries, grapes and strawberries contain small amounts of pectin.

Typical levels of pectin in plants are (fresh weight):

apples, 1–1.5%
apricot, 1%
cherries, 0.4%
oranges 0.5–3.5%
carrots approx. 1.4%
citrus peels, 30%
(以上)
 翻訳間違えていたら教えてください

つまり、↓ ↓a0207462_1246395.gif

りんごを例にとって、言いますと、一般的なりんごの重量は350gなので、
350÷100=3.5  1%に含まれるのは3.5g。
1.5%は3.5×1.5=5.25 5.25g。
つまり1個のりんごには3.5g~5.25gのペクチンが入っている
ご参考になさってください。

他にも、ベラルーシの部屋ブログ
には、ペクチンがなんの食物に多く入っているかが書かれていますので、是非ご参照ください。
また、イラストにも書きましたが、肝臓の疾患のある方はペクチンの摂取にはお気を付けください。
[PR]
by emi_nakae | 2011-06-29 12:13 | 放射能から身を守る(食事編)