できることから、はじめたい

eminakae.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧

ペクチン摂取量につきまして 「~食生活」の追記情報です。

イラスト付き「放射能を少なくする食生活」に追記情報です。

「ペクチン」についてです。
ベラルーシの部屋ブログのTさんの解説に追記事項がありますので、私もここでご紹介させていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ペクチンの摂取量は一日9gまでだそうです。(それ以上は健康上よくない)

9gはどのくらいでしょうか?
私もわからなかったので、少し調べました。
wikipediaから引用します。(http://en.wikipedia.org/wiki/Pectin

(引用)
リンゴ、グアバ、マルメロ、プラム、スグリ、オレンジのような柑橘類にはたくさんのペクチンの成分が含まれています。
一方、サクランボ、ブドウとイチゴのような柔らかい果物にはペクチンの成分は少なめです。

果物のペクチン含有量(一般的なもの:1個単位)
りんご 1~1.5%
アプリコット 1%
サクランボ 0.4%
オレンジ  0.5~3.5%
ニンジン およそ1.4%
柑橘類の皮 30%


(原文)
Apples, guavas, quince, plums, gooseberries, oranges and other citrus fruits, contain large amounts of pectin, while soft fruits like cherries, grapes and strawberries contain small amounts of pectin.

Typical levels of pectin in plants are (fresh weight):

apples, 1–1.5%
apricot, 1%
cherries, 0.4%
oranges 0.5–3.5%
carrots approx. 1.4%
citrus peels, 30%
(以上)
 翻訳間違えていたら教えてください

つまり、↓ ↓a0207462_1246395.gif

りんごを例にとって、言いますと、一般的なりんごの重量は350gなので、
350÷100=3.5  1%に含まれるのは3.5g。
1.5%は3.5×1.5=5.25 5.25g。
つまり1個のりんごには3.5g~5.25gのペクチンが入っている
ご参考になさってください。

他にも、ベラルーシの部屋ブログ
には、ペクチンがなんの食物に多く入っているかが書かれていますので、是非ご参照ください。
また、イラストにも書きましたが、肝臓の疾患のある方はペクチンの摂取にはお気を付けください。
[PR]
by emi_nakae | 2011-06-29 12:13 | 放射能から身を守る(食事編)

反省と「できること」をさがす

東京の家庭ゴミの焼却場から高濃度の放射線物質が検出されました。(6月27日)

6月23日以降のゴミを焼却した際の灰からの検出だそうです。

私は以前「放射能を少なくする家そうじ」を書きました。
少しでもこどもが安心して暮らせる家(室内)になってほしいという願いからです。

ある方から「よごれを押し付けている」という趣旨のコメントを頂きました。
家の中をきれいにしてもゴミを他の場所に移しているだけということ、また、そういう行為を恥じるべきということです。
本当にそうだと思います。

家の中では安全に暮らせるかもしれませんが、一歩外に出るとやはり、そこには汚染物質があるのです。
そして、家がきれいになったから、私は平気という態度ではいけないのです。

事故が起こってから、わかったことが沢山あります。
自分自身の無知さもわかりましたし、これまで自分たちが歩いてきた道を反省する機会にきちんと立ち向かっていなかったとわかりました。

メッセージを発信する側としての反省もしかりです。
・・・・・・・・
事故によって出てしまった放射線物質に対して、私のような一個人の力ではどうにもなりません。
ですが、それでは「できることはありません」になってしまいます。

私には何が出来るのだろうか?
ちいさなこどもたちの安全も守れないことを認めないといけないのかもしれません。
しかし、明日も生きるために、できることを探さなくてはならないと思います。

希望を持つために「できること」を探すことが、今の私のできること・・・。
[PR]
by emi_nakae | 2011-06-28 10:43

イラスト付き「放射能を少なくする食生活」できました。

a0207462_553576.gifベルラド研究所の発行したパンフレット「自分と子どもを放射能から守るには」食育編のイラスト化が出来上がりました。

まずはじめに、日本とベラルーシの風土の違い(食生活の違い)があることをご理解ください。
その上で、翻訳者のTさんにアドバイスをいただきながら作成しました。
元の資料も、わかりやすくお読みになれますので、一読なさってください。
こちらです。→パンフレット「自分と子どもを放射能から守るには」食育編


a0207462_1705179.gif

a0207462_671736.gif


携帯版はこちら
PDF版はこちら
なお、間違いや訂正が入る場合がございますあらかじめご了承ください。

また、追記情報も上げてまいりますので、よろしくお願い致します。
少しでもお役に立てましたら幸いです。

また、この場を借りまして翻訳者のTさんに改めて御礼申し上げます。
ベラルーシの部屋ブログ
[PR]
by emi_nakae | 2011-06-24 17:12 | 放射能から身を守る(食事編)

携帯版・イラスト付き「放射能を少なくする食生活」

ベルラド研究所の発行したパンフレット「自分と子どもを放射能から守るには」食育編のイラスト化の携帯版です。

まずはじめに、日本とベラルーシの風土の違い(食生活の違い)があることをご理解ください。
その上で、翻訳者のTさんにアドバイスをいただきながら作成しました。
元の資料も、わかりやすくお読みになれますので、一読なさってください。
こちらです。→パンフレット「自分と子どもを放射能から守るには」食育編
a0207462_551488.gif
緊急時
の対応策として、参考にしてください。

健康的な食生活が健康的なからだを作ります。放射能への対策もまず第一が健康的な食生活です。それに加えて、推奨されている食べ物がありますのでご紹介します。

放射能に汚染されていない食材であることが前提です。

食事
放射性物質のひとつ、セシウムは人間の体に必要なカリウムと似ています。私たちの身体はセシウムをカリウムと思って取りこんでしまうと言われています。その対策としてカリウムを多めにとって排出されるように促すことが推奨されています。
a0207462_5525454.gif


カリウムは主に果物や海藻類に多く入っています。
※ カリウムの摂取制限のあるお方はご注意ください。

おやつ
a0207462_5535841.gif

果肉入りの野菜ジュースや果物ジュース
プルーン、レーズン、アンズ
ナッツ類
ココア
すべて食物繊維が豊富なのものが推奨されています!

お菓子は身体に良いものにしましょう。ミネラル分が多く含まれていものががおすすめです。
酸化したお菓子は消化に負担をかけます。この機会に見直してみましょう。
出典:ベラルド研究所発行パンフレット
   『自分と子どもを放射能から守るには』(食育編)

ヨウ素・カリウム・鉄分
パセリ・ディル・青ねぎ、ほうれん草、海藻などを食べて身体の中にヨウ素、カリウム、鉄分を増やしましょう。
a0207462_5571587.gif
おかずやスープサラダなどにたっぷりと。


a0207462_558381.gif他の食材
醗酵食品…お味噌やぬか漬けなど。
玄米、天然塩
甘酒
酵素がたくさん入っていると言われている食品…新鮮な果物など。
注:ベラルド研究所ではここの食材を紹介していません。

ペクチン
a0207462_60421.jpgベラルド研究所のパンフレット「自分と子どもを放射能から守るには」はペクチンの入っているお菓子をすすめています。
ペクチンは複合多糖類ですが、身体の中で消化酵素で分解されないことから食物繊維として機能するそうです。

ペクチンを多く含む食材は、キャベツ・オクラ・イチゴ・いちじく・柿・レモン・りんごなどがありますの多くが果物に含まれているそうです。
ジャムの多くにはペクチンが添加されています。

翻訳者から
「日本にはマーマーレードジャムのように気軽にペクチンが取れるものがあるので、気軽に取れるところから、心がけてみてはいかがでしょうか。」           

a0207462_62353.gifいちばんたいせつなこと
健康的な食事
規則正しい生活

免疫を下げないように健康的な食事とリズムをなるべく崩すことのない生活がいいようです。過度に疲れることはひかえることが大切なことです。

また、追記事項として汚染のないところで、まとまった期間を過ごすと、身体から放射線物質の排斥をより促せると言われています。
(期間など詳しくはどうぞお調べになってください)

情報提供:
ベラルーシ ・ベルラド研究所発行
パンフレット『自分と子どもを放射能から守るには』
翻訳:辰巳雅子
ブログ「ベラルーシの部屋ブログ」運営
http://blog.goo.ne.jp/nbjc

この内容は翻訳者の辰巳雅子さんのご協力で作成されています。
ここに載せていない有益な情報が更新され掲載されています。
イラスト・文責 emibatake(@emi_nakae)
http://eminakae.exblog.jp/
[PR]
by emi_nakae | 2011-06-24 06:04 | 放射能から身を守る(食事編)

「自然エネルギーにシフトする一歩」にできること。

「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法案」という法案があります。

新聞などでは「再生エネルギー特別措置法案」と言われているようです。(間違いでしたら教えてください)

菅総理のブログにもありましたが、3/11に提出したという法案です。
a0207462_1125784.gif


エネルギーシフトを考えている市民団体が先日「エネシス・ナウ」というイベントを開催して法案の意味とエネルギーについて考えようと呼びかけました。

今知った方はこちらです。→http://www.ustream.tv/recorded/15393420

呼びかけられた私たち一人ひとりが考えて、行動することができます。

法案につきましては、経済産業省のHPで見られます。

さて、今国会は期間を延長して審議を存続するようです。

この法案に対する賛同を一覧にしてくださった方がいます。
こちらのPDFです。
北海道ブロック 
東北ブロック 
北陸信越ブロック
北関東ブロック
南関東ブロック
東京ブロック
東海ブロック
近畿ブロック
中国ブロック
四国ブロック
九州ブロック
全国比例区96名

【 出典:@napaia33】

自分のお住まいの地域の議員さんの意見を知ることができます。(6/22現在)
法案に賛同していなくても、自然エネルギーについて賛成している場合もあるでしょう、一度確認することが大切ではないでしょうか。

わたしも自分の意見を伝えてみたいと思います。

次世代のお母さんたちが安心して子どもを育てられる環境にしたいと思っています。
自然エネルギーで日本の日常が動く日を願って。
[PR]
by emi_nakae | 2011-06-22 22:14 | アクション中

避難や生活について、読んでいただきたい記事。

「ベラルーシの部屋ブログ」さんが、「避難」についての記事を書いてくださっています。

チェルノブイリ原発事故後に、ベラルーシでもあった自主避難のこと、そして今、「避難」や「保養」をお考えの方向けに、書かれています。考える手立てになりました。

記事2つ。
避難(移住)と保養滞在について

避難についてベラルーシの基準など

是非お読みになってみてください。

大切なことは、
こどもの免疫を下げるようなことをしない(ストレスが続く状態にしない)。
こどもにとって規則正しく健康的な生活を過ごす環境を整える。
食事の面で、高カリウムと高カルシウムと高ペクチンを摂るようにする。


私も共に気を付けなくてはなりません。

…・我が家では・・・・
お味噌汁をいただく頻度を増やしました。
(こどもには)サラダ変わりに果物を夕食時に出すようにしています。
→前にも書きましたが、カリウムは空腹時に一番体に取り入れられると言われています。
ジャンクなオヤツは出来る限り減らす。
ぬか漬けを始めました。(でも子供は食べません・・・)

みなさんの声もどうぞコメント欄に残してくださいね。
[PR]
by emi_nakae | 2011-06-18 22:14 | 放射能から身を守る(食事編)

「雑巾は密閉して捨てる」が推奨されます。参考リンクも掲載。

コメント欄でご質問がありました。
(私は専門家ではなりませんので引用してお答えします。)

Q. 掃除に使用した雑巾はどうすべきか?
A. (放射能物質をとるおそうじの場合は)密閉して捨てることを推奨します。
なお、回答の参考資料は中部大学の武田邦彦先生のブログです。
こちら→「自宅クリーン作業」 http://takedanet.com/2011/04/post_96d9.html
フローリング用の使い捨てウエットシートでお掃除された場合も同様に密閉して捨ててください。

読者の方からの情報
汚染濃度の高いところのお掃除には使い捨てウエットシートの方がいいのではないかというご意見を頂きました。

ちなみに私も玄関の掃除には、ウエットシートを利用しています。(必ずビニール袋に入れて捨てています。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

イラスト付き「放射能を少なくする家そうじ」は上田昌文先生にご監修していただきました。
上田昌文先生はNPO法人市民科学研究所の代表理事でいらっしゃり、現在各地で「放射線リスクを防ぐ」関連の学習会をもたれています。
学習会への詳細などの最新情報はこちらに載っていますどうぞご参照ください。
「市民研活動日誌」

イラストの作成の参考資料といたしまして、
中部大学の武田邦彦先生のブログ「ベラルーシの部屋ブログ」を使わせていただきました。

上はリンクになっています。どうぞ、ご一緒に一読ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ほかにもこんなご意見を頂いています。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
・掃除をする前に室内に霧吹きで空気中のホコリを落としてから床掃除をする、というご意見。

・乳酸菌を使って掃除をするとより除染ができる、というご意見。

・お茶がらを玄関に撒いてホコリを吸着させる、というご意見。

みなさんありがとうございます。
[PR]
by emi_nakae | 2011-06-17 07:13 | 放射能から身を守る(掃除編)

ベビーカー、自転車のかごも拭き取りましょう。

こどもも被ばくを少なくするために、イラスト付き「放射能を少なくする家そうじ」を是非ご活用ください。

追記情報です。

まだ、一度もベビーカーこども乗せイス(自転車用)三輪車こどもの自転車を拭き取っていない方は

こちらもぜひ水拭きしてください。

自転車は特に外に置かれている方が多いので、必ず拭いてください。

また、家の中で使っているこどものおもちゃなども一度水洗いされると安心につながります。
[PR]
by emi_nakae | 2011-06-16 05:00 | 放射能から身を守る(掃除編)

すぐできる。こどもたちが生活の中で被ばくを少なくする方法を教えていただきました。

先日、都内で行われたイベントで、イラクでボランティア活動をされている方のお話がありました。

彼女は、311以降、福島で泥だしとガレキ撤去のボランティアに行かれていました。

イラクへボランティアに入る前の覚悟のお話は、
同じ女性として、かなりずんと心に入り、今も片時もその覚悟が胸に渦巻いています。(ここには書きません)
正直で真っ当で。
行動している人は立派だと思います。

ご存知のように、イラクではイラク戦争で使われた劣化ウラン弾という兵器のために、今も多くのこどもたちが被ばくの恐怖に晒されています。

被ばくの危険が日常にある中での生活、そこでどういう態度が推奨されるのか、被ばくを防ぐ生活の方法があるのか、私はその場で「教えてください」と気持ちを伝えました。

彼女はその場で教えてくださいました。

以下、こどもを守る親御さんへのヒント


 ・ 外で遊んだあとは水道のお水で手も足を洗う。
  (お水のない時はぬれタオルか、ウエットティッシュ)
 ・ 手は露出しているところ全部、腕も洗う。
 ・ 顔も洗う。目にホコリを入れないように。
 ・ 休み時間や体育で外で活動したあとはうがいもする。
 ・ ケガは手当(露出させない)する。


彼女は無責任なことは言えないから、詳しい方にも相談してみますと、約束をしてくださいました。
そして・・・→「iraqhope.exblog.jp」にその具体的な方法を掲載されています。
題して、
考えました!内部被ばく防護策 for キッズ、ガールズ&ボーイズ
↑ 七色に輝かせたいな、すごくパワフルなんですよ~わたしのドンくささと違って!

注意:リンク先の対策は、比較的放射線の値が高い地域を想定しています。すべての地域で当てはまることではありません。
[PR]
by emi_nakae | 2011-06-14 15:55

イラスト付き「放射能を少なくする家そうじ」ができました。

a0207462_16462194.gif
家の水拭きそうじ」は多くの専門家の先生方が推奨している方法です。

私は空間線量計を片手に自宅と友人宅で測定しながら掃除し、メモを取りました。
水拭き掃除をすると、放射能数値は下がりました。
私宅、友人宅でも実践しました。
有効と思われた方法は同じものでした。そしていたって簡単で、単純です。

それをまとめてイラストに描きました。
皆様のご参考になれましたらうれしいです。
監修アドバイザーとしてNPO法人市民科学研究室の代表理事の上田昌文先生に見ていただきました。感謝申し上げます。
a0207462_645228.gif


a0207462_5523443.gif



a0207462_5545927.gif


a0207462_17175469.gif



追記情報
ベビーカーこども乗せイス(自転車用)三輪車こどもの自転車を拭き取っていない方は

こちらもぜひ水拭きしてください。

自転車は特に外に置かれている方が多いので、必ず拭いてください。

また、家の中で使っているこどものおもちゃなども一度水洗いされると安心につながります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
コメント欄でご質問がありました。
(私は専門家ではなりませんので引用してお答えします。)

Q. 掃除に使用した雑巾はどうすべきか?
A. 密閉して捨てることを推奨します。なお、回答への参考先は中部大学の武田邦彦先生のブログです。
こちら→「自宅クリーン作業」 http://takedanet.com/2011/04/post_96d9.html
使い捨てのウエットシートでお掃除された場合も同様に密閉して捨ててください。

読者の方からの情報
汚染濃度の高いところのお掃除には使い捨てウエットシートの方がいいのではないかというご意見を頂きました。

ご意見ありがとうございました。

ちなみに私も玄関の掃除には、ウエットシートを利用しています。(必ずビニール袋に入れて捨てています。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ほかにもこんなご意見を頂いています。
 ↓ ↓ ↓ ↓

・掃除をする前に室内に霧吹きで空気中のホコリを落としてから床掃除をする、というご意見。

・乳酸菌を使って掃除をするとより除染ができる、というご意見。

・お茶がらを玄関に撒いてホコリを吸着させる、というご意見。

みなさんありがとうございます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

掃除をしながらいろいろなことが考えられました・・・これまでの自分たちの暮らしを省みて、これからの暮らしを私たちのぬくもりのある手で作っていかなくてはと思っています。

なお、私のホームページでPDF版がダウンロードできます。よろしくお願いします。
[PR]
by emi_nakae | 2011-06-10 17:06 | 放射能から身を守る(掃除編)