「ほっ」と。キャンペーン

できることから、はじめたい

eminakae.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

自衛隊の活動を伝えるドキュメンタリーを見て

自衛隊の人たちの活動を追ったドキュメントを見ました。

震災直後から不眠不休で命の救助のために尽力をかけたご活動に頭が下がりました。
家族の安否確認よりも救助に徹した隊員の方々の活動、困難を極める状況下でのなみなみならぬ精神力の強さに感謝の気持ちが溢れました。

このたびの全ての活動をわかることは出来ませんが、
下のデータを読み取るだけで、活動の大きさを想像できます。
ご遺体収容 9505体
人命救助 19286人
給食支援 500万食
物資輸送 13000トン
入浴支援 109万人
給水支援 33000トン

上のドキュメントの紹介ニュースのリンク
『この企画は、総合演出の吉澤健一(報道番組部)が、地震発生後、各局の報道特番で頻繁に流れた映像の“自衛隊撮影”の文字を見て、映像を記録する隊員の存在を知ったところから始まった。』

・・・・・・・・・・・
震災後、誰もが自分にも何かできないかと考えました。
それは、上のようなメディアを通じて私達が状況を知ることができたからです。

いま、わたしは日常生活の中で、忘れてしまうことがあります。
とてつもなく大きな災害で、同じ日本の今なのに、です。
空間が切り離されていると、意識から消え出てしまいます。

震災後、被災地の現状を大きなメディア(テレビなど)を通して知ることが出来ました。
同時に、個人のジャーナリストの情報(動画)によっても知ることが出来ました。

多くのメディア批判があることも承知していますが、
声を拾って情報にしているメディアの作り手の方々に感謝しています。

私達が忘れないことも大事ですが、
今後ともジャーナリスト、メディアの方々の意識が被災地とともにあり続けていくこと、被災地に向き合った番組(映像)を作っていってくれることを、望んでいます。

改めてこのたびの大震災で亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by emi_nakae | 2012-03-12 07:11

祈り あの時を振り返って。

震災から1年。

一年前、東京は暖かな日でした。
ちょうど幼稚園の保護者会の時間で、園児は園庭で遊び、母親たちは教室で小さな椅子に座ってお話し合いをしていたのです。

そのとき地震がありました。

揺れたと思うと、どんどん揺れが強くなって地面が大きく揺れました。

先生や母親たちが一斉に外に出て『地震!』と言って園児たちを中央に集めました。
こどもと共に母親たちは輪になって、しゃがみました。
大きな声で掛け合いながら、窓ガラスの揺れ、音、長く続く揺れの中でこどもたちを守っていました。

誰も泣き出す子はいませんでした。
泣き出すことをさせないくらい大きな声で先生方が『大丈夫、大丈夫』『ぜったい大丈夫、泣かない!』と途切れることなく繰り返していたのです。

この言葉は私たち母親を冷静にさせました。

まもなく私のワンセグで東北方面で大きな地震ということが分かりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今、園児たちはみな月一度の避難訓練をとても真剣に取り組みます。
どこで遊んでいても、近くにいる先生の指示に従って、しゃがむ、だまる、外に出る。
出来ないことがあると、大きな声で『せんせい!わかりません!できません!』と叫びます。

その様子はこちらの胸が苦しくなるほどです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

明日、私も皆さんと共に祈りたいと思います。

今生きているその意味をしっかりと見つめたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

高野山真言宗で、鎮魂の祈りが執り行われます。

Ustreamで中継配信があります。
http://www.ustream.tv/channel/koyasan
ロゴの絵を描かせていただきました。
a0207462_22495183.gif
[PR]
by emi_nakae | 2012-03-10 23:01

原子力が奪うものは人の生命と心、活き活きとした生命活動。

今日ラジオを聞いていましたら、
震災後の原発事故のために餓死でお亡くなりになった方がいたという、とても悼ましいニュースを聞きました。

そのご家族の方の言葉に、とても心が痛みました。とても悲しい。
ニュース原稿のコピーですが、ここに残しておきます。

NHKニュースから)
[自宅やその周辺に取り残されて食事や水を取れないまま餓死した疑いが強い5人のうち、原発からおよそ6キロ離れた自宅のこたつの中で遺体で見つかった女性の親族の男性は、「おそらく周りで何が起きているのかも分からないまま、1人で何日間も耐え忍んでいたかと思うと、どんなに心細かったか、ことばになりません。今でも、なぜ家族が死ななくてはならなかったのか考えると、月日がたつにつれて原発事故さえなかったらという思いを強くしています。残された遺族としては、せめて家族の死をむだにしないでほしいと願っています」と話しています。]

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

瞬く間に危機を作る可能性のある原子力利用は絶対に止めたい、震災、事故から1年目を前に強く思っています。

人の生命だけでなく全ての生命・・・植物、魚、水、大地、鳥、動物、風・・・を奪う原子力。
今回わかったことは、
原子力が奪うものは生命だけではなく、人の心(精神)を壊し、痛み続け、人としての活き活きとした生命活動を奪います。
本当に辛い。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
原子力の平和利用、はっきりと「NO!」と言えます。
[PR]
by emi_nakae | 2012-03-05 22:01