できることから、はじめたい

eminakae.exblog.jp
ブログトップ

今、変え時! 若い人のパワー。

「原発」の都民投票を実施を実現させるための署名活動がはじまって1ヶ月が経ちました。

おおくのボランティアスタッフが自分の時間を投入して活動しています。

最近、特に若い人の訴えかけるパワーに驚かされています。

「心の決まった」彼らは、パフォーマーとなり、公の場でどんどんアピールしていきます。
従来ならば、大学のサークル活動に費やされるパワーなのでしょうか、持続力もあり、署名活動でもデモでも絶大です!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

上田紀行さんの書籍『生きる覚悟』(角川sss新書)で、
最近の大学生(東工大)の意識が変わったとデータを紹介しています。

意識調査の質問は、
「自分の会社で悪事があった場合、それを告発するか否か?」
1.実名で告白する。
2.匿名で告発する。
3.何もしない。
です。

回答:
2006年の頃(小泉内閣の構造改革時)がデータが、200人中
「1」が5人、
「2」が15人強、
「3」(何もしない)が圧倒的。

2010年まで「1」と「2」合わせて2割にいくかどうかだったそうです。

それが、2011年(震災後)は、
「1」が30人くらい、「2」が100人程度になり、『告発する』と答えた人がマジョリティーになったそうです。

上田先生も書かれているように、
『今は社会の変え時』だと実感できるデータだと思います。

今日は成人式です。
新・成人とともに私達の暮らしを見直す流れを絶やさない様に
今年も自分のできることを(少し背伸びして)進めていきたいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
それから、この都民投票の直接請求には16歳以上の投票権を認める様に記しています。
http://kokumintohyo.com/wp-content/uploads/tokyo_joureiank.pdf

都議会で都民投票の実施が実現したら、16歳以上の方は投票ができます。
若い人もこの行方を注目して下さい。

とくに原発は私達の暮らし、命に関わる問題です。
未来の生態のサイクルを壊さないようなエネルギーにシフトし、エネルギーの共有、使い方の工夫のできる社会を目指していきたいです。

2月9日まで都民投票の署名活動は続いています。
こちらがスケジュールです。
target="_blank">https://www.google.com/calendar/embed?src=tomintohyo%40live.jp&ctz=Asia/Tokyo
[PR]
# by emi_nakae | 2012-01-09 08:24 | ふつうの私にできること

当事者としてともに動いていくこと、都民投票。

都民投票で街頭に立ったり、ブログやツイッターなどで多くの声を読んで最近思うことです。

原発事故が自国でおこるまで、電力の問題、これからの暮らしについてさほど真剣に考えていませんでした。

事故によって、電力の作られ方、運ばれ方、そこで働く方の体制も知ることができました。
また同時に条例の施行の仕組み、行政のこと、食品の安全性等も知る機会を得ました。
多くの反省や考える時間をもつことができました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

原子力発電は調べれば調べるほど、生命倫理に反していると思います。

身の回りに放射能が散らばり、健康被害の不安は私の心に重たく響き続けています。

私達の暮らしはこれまで壮大なエネルギーに支えられてグンとよくなったと思います。
でも、反面いろんなものを失い、リスクを抱えた暮らしに傾きすぎました。

これからは自分たちの暮らしを自分たちで見守り、作れる様に
いまの原発の問題に当事者としてともに動いていこうと努力し、そうあることを願っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日も街頭で署名を集めます。(12/22)
都民投票は2月9日まで、新宿・渋谷で毎日署名ができます。(多数集まった場合は打切り有)
大阪市民投票は1月9日まで。
大阪市民、東京都民の方で遠方の人は自分で受任者になって票を集めることができます。
詳しくはhttp://kokumintohyo.com/branch/です。
都民投票のブログ http://tomintohyo.blog.fc2.com/
・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
# by emi_nakae | 2011-12-22 07:35 | ふつうの私にできること

「『原発』都民投票の受任者(署名を集める係)になりました。

6月にイタリアで行なわれた原発の是非を問う国民投票の結果は記憶に新しいです。

投票率は54.79%で、脱原発賛成94.05% 反対5.95%という結果でした。
そして、イタリア政権は原発の再稼働と新設を凍結しました。

日本では、この16年に住民投票は401回行われているそうです。(原発問題に限らず)
記事参照:http://www.cinematoday.jp/page/N0036170

発起人今井一さんの言葉引用
“実は、これまで日本では400件以上の住民投票が行われていますが、この場合もその結果に首長や議会が「従わなくてはならない」と住民投票条例に定めていたものは一つもありません・・・法的拘束力はなくても、反故にされる可能性は非常に少ないし、相当な効果はあるということです。。”

12月10日から始まった
「東京都民と大阪市民の「原発」の是非を問うための条例の制定を請求するための署名活動」。
http://kokumintohyo.com/branch/
a0207462_6424010.png

@pelukissさんのイラスト「まもろう」です。

自分たちの住む自治体に条例の制定(ルール作り)を求めるものです。
「直接請求」といわれます。
地方自治法に定められた手続きのやり方です。
直接請求の実現には、自治体の有権者の1/50以上の署名が必要です。

この署名は、ネットでは署名することが出来ません。
従来のように、家族の分もわたしが署名するということも出来ません。

署名場所はこちらでチェックできます。↓
http://kokumintohyo.com/branch/archives/91
署名への呼び掛けは誰でも出来ます。多くの方が今回のルール作りに関心をもたれていますね。

都民、大阪市民でお近くに署名場所がない場合は、受任者(署名を集める人のこと)に登録して署名することが出来ます。
ご友人、ご家族の署名も集められます。
署名数が少なくても(2〜4名の署名でも)大丈夫です!!
受任者は必ずしも、街頭に立つことを求められていません。
お知り合いの分だけの署名を集める係になって、ご自分の意志を伝えることができます。

わたしも受任者になりました。
説明を30分ほど伺って、登録させていただきました。
登録方法もここに載っています。
FAX、葉書でも可能です。

自分たちの社会のルールは自分たちで作る社会を
一歩づつ作っていけることを願います。
[PR]
# by emi_nakae | 2011-12-15 06:45 | ふつうの私にできること

「原発の是非」投票の条例制定への署名活動と稼働原発の地図 

東京「原発」都民投票条例/大阪「原発」市民投票条例の制定を直接請求するための署名が始まっています。
http://kokumintohyo.com/branch/
この署名はネットでは署名することが出来ません。
街頭に出て、署名するものです。
お店で署名が出来る所もあります。

どこで署名を集めているかをこちらでチェックできます。↓
http://kokumintohyo.com/branch/archives/91

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

現在の稼働中の原子力発電所の詳細をまとめているブログがありますので、ご紹介します。
「各原発の安全対策や災害対策他を注視していくサイト」
原発の地図や発電量、防波堤の有無など大変詳しいです。
(2011年12月12日現在 稼働中8基)
http://pcnandemo.la.coocan.jp/map/
[PR]
# by emi_nakae | 2011-12-13 09:44 | ふつうの私にできること

震災でお父さんお母さんをなくした子供たちへの支援

震災でお父さん、お母さんを亡くした子供たちを支援する目的のための
チャリティーバザーを開きます。

当日、沢山の方がご来場くださいまして好評のうちに終了いたしました。
売上総額 93,160円でした。
全額をあしなが育英会に寄付をし、震災遺児の支援活動に使っていただきます。
ご協力くださったみなさま、本当にありがとうございました。(更新11月28日)

「女たちのお手前市」
(女たちの手作りものが中心です。)
フリマの服・本・雑貨、ポストカード、有機よもぎ豆乳、パン、おからクッキー、シフォンケーキ、お稲荷さん、おからサラダ、カクテキなどを販売します。

時:11月27日(日曜日) 11:00~15:00
場所:豊島区池袋の大桃豆腐さんのお店を一日お借りします。
住所:豊島区池袋3−61−10

チャリティー市でのすべての収益を震災遺児(震災でお母さん、お父さんをなくしたこどもたち)の支援のために
「あしなが育英会」を通して寄付します。
a0207462_2063478.jpg


今回の震災で遺児となった18歳未満のこどもたちは、
被災3県で1295人。(2011年8月1日現在)
内訳は岩手445人、宮城711人、福島139人。

また、両親とも死亡または行方不明の震災孤児は229人
岩手91人、宮城117人、福島21人。

関連記事:
震災遺児の4割が小学生以下 「長期的支援が必要」
阪神の3倍206人の現実

あしなが育英会では支援が始まっています。
こどもたちの心のケアをサポートするための東北レインボーハウス・センターの建設。
0歳児から大学院生までの進学を支援する返済不要の「特別一時金」を給付の活動。

詳しくはこちら


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お手前市に来られない方も募金ができます。↓ ↓ ↓

★東日本大地震・津波で親を失った子どもたちへの心のケア活動、特別一時金への募金★
(1)郵便振替
あしなが東北レインボーハウスの建設費へのご寄付
口座番号「00120-7-355615」加入者名「あしなが東北レインボーハウス建設募金」

東日本大震災遺児への一時金、貸与奨学金、心のケアプログラム開催費などへのご寄付
口座番号「00130-7-776732」加入者名「あしなが東日本大地震・津波遺児募金」

(2)クレジットカード
本会ホームページからクレジットカードで寄付受付
あしなが東北レインボーハウスの建設費へのご寄付
東日本大震災遺児への一時金、貸与奨学金、心のケアプログラム開催費などへのご寄付

(3)現金書留で郵送
送付先:〒102-8639 東京都千代田区平河町1-6-8 平河町貝坂ビル3階
宛て名:あしなが育英会 東日本大地震・津波遺児募金

<お問い合わせ>
あしなが育英会 東日本大地震・津波緊急対応本部
 〒102-8639 東京都千代田区平河町1-6-8 平河町貝坂ビル3階
 被災者の方専用フリーダイヤル(0120)77-8565
 その他の方のお電話は(03)3221-0888
 FAX(03)3221-7676
 E-mail tsunami@ashinaga.org

・・・・・・・・・・・・・

当日の販売は大好評でした。
特に食品関係、発酵玄米のおにぎり、マクロビのスイーツ、無農薬無肥料米のお稲荷さん等内容も申し分なく、見た目にもきれいでかわいかったです。味はもちろん。
バザー開始30分くらいから、完売するものがでて、1時前には全て売れてしまいました。
食への関心が高い方と一緒にバザーが出来たこと、とても嬉しかったです。
また、フリーマーケットではお客さんが募金に参加する意味合いを込めて、「買値をお客様自身が自分で決める」というスタイルにしました。

当初、自分で決めること出来ない方が沢山出るのではないかしら??と賛否両論がありましたが、お客様はチャリティーの意味を理解して下さり、多めに金額をお支払いくださった方が多く目立ちました。

感謝申し上げます。ありがとうございました。
[PR]
# by emi_nakae | 2011-11-25 20:49 | ふつうの私にできること